« 2014年4月の読書メーター | トップページ | 2014年6月の読書メーター »

2014年6月 1日 (日)

2014年5月の読書メーター

試験モードだったのであまり読めず。
かにみそは予想外の展開だったけど、面白かった。
働かないふたりは続きが気になる(笑)



2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:707ページ
ナイス数:97ナイス

かにみそ (単行本)かにみそ (単行本)感想
表題作は、始めコミカルな印象も感じるのに、バイトの詳細が語られるあたりから印象が一変。そして主人公の心理変化に伴って再び変化が。終盤に向かって様々なラストを予想させられ、そしてやはりそれっぽい感じに進んだにも関わらず、蟹の言葉に愕然。全体とすると突拍子もない話なのに、物悲しくも哲学的な読後感でした。書き下ろしの百合の火葬は、ずっと静かに不気味な雰囲気が漂っていてホラー色が強いですが、百合の暗喩がわかりにくくて読後感がちょっともやもやしました。この著者は少し追いかけてみたい。
読了日:5月18日 著者:倉狩聡
そばかすのフィギュア (ハヤカワ文庫 JA ス 1-4)そばかすのフィギュア (ハヤカワ文庫 JA ス 1-4)感想
SFの世界観を持ちながらそれを感じさせないのは、それぞれの主人公の想いを綴った短編だからなんでしょうね。綺麗な文章なのですが、どれも物悲しく締めくくられて、読後感が寂しい。表題作の他、お夏、月かげの3編が良かった。なんとなく、内容を把握した上で再読したいような思いに駆られました。またいつか読み直そう。
読了日:5月14日 著者:菅浩江
働かないふたり 1 (BUNCH COMICS)働かないふたり 1 (BUNCH COMICS)感想
ニート兄妹の話なのでどうかな…と心配でしたが面白いですね。春子は精神年齢が低すぎ(笑) 親御さん大変だな(^_^; 結構ネガティブな発言や行動があるのに悲壮感が無いのが良い。最初の母娘の攻防も笑ったけど、ゲーム合宿のあのシーンで不覚にも爆笑してしまいました。親御さん…(以下略
読了日:5月11日 著者:吉田覚

読書メーター

Matome_gimage_16309_1

|

« 2014年4月の読書メーター | トップページ | 2014年6月の読書メーター »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自分メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/59891853

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年5月の読書メーター:

« 2014年4月の読書メーター | トップページ | 2014年6月の読書メーター »