« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の1件の記事

2014年5月 6日 (火)

2014年4月の読書メーター

ペースダウンは相変わらずです。
リプレイは軽く読めて良いですね。でも、七剣刃が終わってしまって残念。



2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1251ページ
ナイス数:92ナイス

氷菓 6 (角川コミックス・エース 387-7)氷菓 6 (角川コミックス・エース 387-7)感想
プールの話はアニメから?ホータローが男子っぽい顔を見せる良い話かも(笑) いよいよ文化祭ですが、カボチャ娘は次巻におあずけ。他にも、摩耶花のコスプレ、漫研の作品など、絵として見たい物多いんで楽しみ。このコミカライズはかなり成功してると個人的に思います。
読了日:4月30日 著者:米澤穂信

ソード・ワールド2.0リプレイ七剣刃クロニクル(5) (ドラゴンブック)ソード・ワールド2.0リプレイ七剣刃クロニクル(5) (ドラゴンブック)感想
あまり仲良しという感じでは無かったけど、面白いPTでした。ラストバトルがいまいち締まらなかったけど、らしいと言えばらしい。ラスボス(?)は予想外でした。そして最後のオチ…そう来たか!(笑) 表紙イラスト、読み終わったら、ぜひ再確認オススメです。
読了日:4月24日 著者:グループSNE,秋田みやび

星空博物館   謎と驚きに満ちた33の物語 (PHP文芸文庫)星空博物館 謎と驚きに満ちた33の物語 (PHP文芸文庫)感想
第一から第三展示室までがちょっとブラックな雰囲気で、星町と雰囲気が違ってちょっと戸惑いました。個人的には第四展示室のような感じが好みです。ただ、面白くなかった訳では無くて、それぞれ楽しんで読めたのは、やはり太田氏の作品だなと。一部、有名古典のオマージュっぽいのもあり、ニヤリとさせられたり、ちょっと置いてからもう一度読み返してみたいと思います。
読了日:4月20日 著者:太田忠司

ソード・ワールド2.0リプレイ三眼のサーペント (下) (富士見ドラゴンブック)ソード・ワールド2.0リプレイ三眼のサーペント (下) (富士見ドラゴンブック)感想
どうしてもエクストラステージ、ボス戦オンパレードという感じのシリーズでした。説得とか面白い部分もありましたが、やはりシナリオ楽しむというより無双を楽しむ印象が強いです。伯爵で始まり、伯爵で終わる。エピローグは結構良かった。女帝は苦労多いですね(笑)
読了日:4月10日 著者:清松みゆき,グループSNE

ソード・ワールド2.0リプレイ 三眼のサーペント(上) (富士見ドラゴンブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 三眼のサーペント(上) (富士見ドラゴンブック)感想
これだけ高レベルになると、ちょっとした油断が壊滅に繋がりかねないを地で行った巻ですね。出直し戦の結果があれですもん(^_^;) 無双やってるよりは面白かったかも。しかし、そのせいでシナリオはほぼ動きなしな印象。下巻がメインですね。
読了日:4月7日 著者:清松みゆき,グループSNE


読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »