« 2013年7月の読書メーター | トップページ | 【映画】スター・トレック INTO DARKNESS »

2013年9月 1日 (日)

2013年8月の読書メーター

夏休みは本を読む時間無かったので少なめ。

今月読んだ本は、いつものリプレイ以外はいまひとつ…。
9月はもう少し単純に楽しめる作品を探してみよう。



2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1427ページ
ナイス数:212ナイス

殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)感想
ずっと気になっていたのですが、ようやく読みました。殺戮描写がかなりグロテスクなので、作品内容以前にダメな人も多そう。いきなりエピローグから始まり、そこに至るまでの過程を追っていく形式なのですが、最後の一言で大混乱。まったく読めなかったというよりも、そういう認識が無かった状態で読み進めたからなのか結末を読んでも全然納得できず(^^; これは時間を置いて、結末を知った状態で読みなおしてみないといけないかも。
読了日:8月24日 著者:我孫子武丸
カレーライスは知っていた (光文社文庫)カレーライスは知っていた (光文社文庫)感想
ずっと探していて、やっと見つけました。テンポは悪く無いんだけど、ちょっと強引な真相に感じたなぁ。軽く読むには良いかも。バカらしいとも思える不可思議な事件に、真摯に向かい合う刑事たちの姿に心打たれました(笑)
読了日:8月12日 著者:愛川晶
七剣刃クロニクル-3    ソード・ワールド2.0リプレイ (富士見ドラゴンブック)七剣刃クロニクル-3 ソード・ワールド2.0リプレイ (富士見ドラゴンブック)感想
軍所属の冒険者という事を活かした展開が良い感じ。ウサギむかつく(笑) 一見みんな我儘に見えるんだけど、その行動の裏にはちゃんと信念があるのがわかってるからバラバラでもなんとなく許せてた感があったんだけど、なんだかんだで良い方向にまとまってきて良かった。シナリオ的にも面白くなってきたし、次も楽しみです。
読了日:8月7日 著者:グループSNE,秋田みやび
動物園の鳥 (創元推理文庫)動物園の鳥 (創元推理文庫)感想
タイトルとイラストで内容は想像がつきますね。坂木が取った行動は現実だと最悪の結果になってしまう可能性もありましたが、この作品は優しい話、何かに傷ついた人達が少しずつ立ち直っていく話なので、心配はしませんでした。でも、そのせいで谷越まで救わなければならなくなった。作品の性質上仕方ないと思いつつも、感情では許せなかった。ラストは思わせぶりなまま終わっても良いなと思いましたが、やはり最後の話はあって良かった。劇的な変化なんか無くても、少しずつ進んでいければ良いと思う。
読了日:8月1日 著者:坂木司

読書メーター

Matome_gimage_16309_1

|

« 2013年7月の読書メーター | トップページ | 【映画】スター・トレック INTO DARKNESS »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自分メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/58108648

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年8月の読書メーター:

« 2013年7月の読書メーター | トップページ | 【映画】スター・トレック INTO DARKNESS »