« 【映画】モンスターズ・ユニバーシティ | トップページ | 2013年7月の読書メーター »

2013年7月21日 (日)

【映画】風立ちぬ

20日はMOVIXデーだったため、かなり混みました。
公開初日だったのもあり、劇場はほぼ満席…。あんなに人入ってるの初めて見たかも(^^;


映画の方ですが、期待しすぎてしまった感もあり、結構微妙。

何と言うか、堀越二郎の伝記を、子供向けアニメ化して、説明を端折ったというのが正直な自分の印象。
堀越二郎という実在の人物の半生を描いているので、ドラマ的な盛り上がりなどはあまりなく、淡々と描かれているのも、そう感じた一因だったと思う。

二郎の夢と現実とがシームレスに繋がって描画されるのと、流れるように時間がどんどん過ぎていくために、なんだかずっと夢を見ているようなまま物語が進んでいった印象。

飛行機を作るというエンジニア的な部分は丁寧に描かれているので、そちらは見どころ多かったと思いますが、なにせ補足説明も何も無いので、興味無い人にはスルーされそう。


結婚式のシーンは個人的に一番ジブリっぽくて良かった。ある意味、このシーンを見たいがために映画を観に行ったと言っても過言じゃないくらい。

ただ、関東大震災の描画が…。地面が綺麗に波のように盛り上がって通りすぎていくのがあまりにもコミカルに見えてダメだった。
その後の、火事や避難する人でごったがえするシーンがあっただけに、あの地震描写は何だったのかと…。


あちこちでいろいろ言われている庵野監督の声優起用ですが、堀越二郎の朴念仁さになんか似合っていて悪くなかったと思います。


全体を通して、これまでのジブリらしさがあまり感じられなかった、淡々とした印象の作品でした。
事前PRでデカデカと書かれていた「生きねば」というのも、観終わってみると、あまり感じられなかった。
重要な部分として菜穂子のエピソードがあったのに、それ以上に二郎の淡々としたエンジニア魂が強く描かれていたため、全体としての印象が弱まったためだと思います。

カプローニが聞いた「まだ風は吹いているか?」の方がインパクト強かったですね。


駄作だ良作だとかいろいろ騒ぐ作品では無く、やっぱり「堀越二郎物語」だったのかな?なんて思います。

|

« 【映画】モンスターズ・ユニバーシティ | トップページ | 2013年7月の読書メーター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/57835445

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】風立ちぬ:

« 【映画】モンスターズ・ユニバーシティ | トップページ | 2013年7月の読書メーター »