« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の2件の記事

2013年3月 2日 (土)

車を買い換えました

いろいろ生活スタイルが変わってきているというのもあり、後部座席に人を乗せる機会が多くなって、今乗っているダイハツ・ムーヴラテだとちょっと手狭に感じるようになってきていました。
やはり後ろの人が窮屈だと長時間は辛いので…。

そこで、
(1)今のディーラーは変えたくない。→ダイハツ
(2)やっぱり軽が良い。
(3)4人乗ってもできるだけ余裕ある方が良い。
という条件で、買い替えを検討していました。
候補としては、(3)の条件からハイループタイプの、ムーヴ、タント、コンテ、ココア(ぎりぎり)あたりかなと。

今日、ディーラーに行って試乗させてもらったんですが、以下のような印象でした。

■ムーヴ
売れてるだけあって悪く無かったのですが、テールゲート横開きというのが、個人的にイマイチ。
ほんと、これだけなんですが(^^;

■タント
広さで言えばダントツ。スライドドアも良い感じ。
ただ、その背の高さ故に、試乗時のカーブ時の持ってかれ感が強めでした。あと、後ろ姿のノッペリ感が微妙か(^^;
(3)条件では第一位ですね。

■コンテ
候補4ラインナップ中では一番マイナーな印象ですが、サイズ的には良い感じ。
そして、まったく予想外だったシートの座り心地が他3つとは雲泥の差。ものすごく良いです。
インテリアの印象もかなり好感度でした。

■ココア
唯一のロールーフで、運転した印象だと一番安定感があったように感じました。
ただ、狭くは無いものの、やっぱりちょっと圧迫感があります。まぁ、他の3つが背が高いですからね(^^;
コンパネ周辺は一番好みだったんですが、後部座席の乗車を考えると、やっぱりちょっと躊躇が。
顔つきは一番好みなんですが(笑)


で、いろいろ悩んだんですが、シートの座り心地の差でコンテを選びました。あの差は結構大きかったですね。
特に後部座席に座った時の気持ちよさは特筆モノです。買う気が無くても乗せてもらってみるといいかも(笑)

選んだグレードと色は、X"Limited"のプライムブラウンクリスタルマイカです。
正直、コンテの標準インテリアカラー(明るいグレーに赤のアクセント)はあまり好みではなく、パンフ検討時でも印象は良くなかったんですが、展示されていたLimitedのブラックインテリアにプライムブラウンの組み合わせを見てほぼイチコロ(笑)
馴染みの営業さんと相談しながら、結構値引きしてもらっちゃいました。
こういう時に馴染みのディーラーがあると良いですね。

納車は早ければ3月末になりそうです。
楽しみですねぇ(o゚▽゚)oワクワク

→ ムーヴコンテ 特別仕様車 X"Limited"、誕生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

2013年2月の読書メーター

今月はちょっとペース遅め。
「人類は衰退しました」は安定して面白いですねぇ。
にゃらん写真集は悩んでたんだけど、とうとう手を出してしまいました(^^;



2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1476ページ
ナイス数:168ナイス

月とにほんご 中国嫁日本語学校日記月とにほんご 中国嫁日本語学校日記感想
外国人から見た日本語の変なところネタを暑かった著書は多数ありますが、本著は日本語学校エピソードと絡めてうまくまとめてあり非常に面白いですね。月の「日本語で旦那と喧嘩したい!」という思いもすごく良いです。残念な事に、ネットを見ていると、同じ日本人同士なのに言葉が通じない人も多いようですが…。
読了日:2月24日 著者:井上純一

県民性マンガ うちのトコでは3 (県民性マンガ・うちのトコでは)県民性マンガ うちのトコでは3 (県民性マンガ・うちのトコでは)感想
安定の面白さ。寒暖の差ネタとか、納豆が腐ってる!は笑った(笑) 石見銀山の読み切り、「らしく」無いと認められないってのはなぁ…。観光客マナーは都道府県関係なく、人間性の問題だよなぁ。
読了日:2月24日 著者:もぐら

人類は衰退しました 7 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 7 (ガガガ文庫)感想
妖精さんの活躍少ないのが残念ですが、内容的にはやっぱり面白かったですね。「ちいさながっこう」、親には親の事情があるんでしょうが困ったもんです。おじいさんは投げっぱなしに見えて締める時は締めてくれますね。Yが絡むとなぜ…(笑) 現実にはあんなにうまくは行かないでしょうが、これはこれで。「さえたやりかた」、SF好きじゃないとタイトルオマージュは通じないのかな。ちと無理ありな気もしますが、これもこれで(笑) 違和感を感じつつもそのまま流されてしまったのが、やはりうまいなと。
読了日:2月17日 著者:田中 ロミオ

にゃらんがゆく でしといっしょ (PHP文庫)にゃらんがゆく でしといっしょ (PHP文庫)感想
にゃらんの写真は本当に猫が旅してるような雰囲気が出ていてすごく好きです(^^) 一言が添えてあるのが良いですね。ムムム(笑)
読了日:2月17日 著者:

ソード・ワールド2.0リプレイ  双頭のサーペント (富士見ドラゴンブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 双頭のサーペント (富士見ドラゴンブック)感想
まさか出るとは思わなかった高レベルリプレイの続編。新スキルや流派も加わって更に謎な状態に(笑) ショートシナリオというのも合わせ、ここまで高レベルになるとシナリオがどうこうという状況ではないですが、他リプレイのネタが出てきたりSW2.0シリーズ物として十分楽しめます。ただ、世界規模のシナリオなのに結構グダグダなのが良いのか悪いのか悩ましいですが(笑) このシナリオのエピソードが、他のリプレイに影響出たりするのかな(^^;
読了日:2月11日 著者:清松 みゆき,グループSNE

サクラダリセット4  GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)感想
短編集でした。中休みと言ったところですかね。短編であっても著者の文章力を感じさせるのはすごいです。個人的にはやはり「ある日の春埼さん」2編イチオシですね(笑) ビー玉のケイ口調もすごかったですが(^^; これまでのところ一番謎なのが野ノ尾さんのような気がする。サクラダ以外という事で別格な気がしますが、作品としては「ホワイトパズル」が一番良かったと思います。結果は予想できてしまいますが、締め方が良かった。番外編的な雰囲気でしたが、補足的なニュアンスも感じたので、また続きを楽しませていただきたいと思います。
読了日:2月6日 著者:河野 裕


読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »