« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の2件の記事

2013年2月 3日 (日)

【映画】東京家族

小津安二郎監督の「東京物語」をモチーフに作られた作品との事ですが、さすがに未見です。


田舎の両親が東京で暮らす子供たちを訪ねてくるというのが大筋なのですが、私自身の年齢的に両親側の気持ちも子供側の気持ちもわかってしまうだけに、いろいろ感慨深い作品でした。

大きな山場として母親の死が描かれるのですが、長男、長女、次男の考え方や、子供の世話にはならないと言う父親の気持ち、これらは自体験として見てきていたので複雑な気持ちが…。
人の死は大きな出来事ですが、それを含めて普通の生活の出来事であり、それをしっかりと描いているのがすごいですね。


もう1つ、本作品は本当なら2011年4月に公開される予定でした。
ところが、件の震災が3月にあり、公開が延期されています。
これは、もちろん震災被害などの事情もありますが、山田洋次監督が歴史的にも大きな事件をこの作品の中に描かなければならないと考え、脚本を書き換え、11ヶ月公開を延期させてまで完成させた作品になったそうです。

そのため、要所要所に震災の事が出てきます。
決して大きく取り上げたりしていないのですが、震災を乗り越えて生きている人々がしっかり描かれていたと感じます。


母親の死が終わりでは無く、家族はそれを乗り越えて生きていかなければなりません。
父親には父親の、子供達には子供達の、それぞれの生活があります。

そういう意味で綺麗なラストが描かれている訳ではありませんが、観終わった後にも(気持ち的な)余韻を残す作品だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

2013年1月の読書メーター

人類から入って、ラノベ月間という感じでした。
田中ロミオ作品は電子化したらもっと読んでみたい。
サクラダリセットは7巻完結まで電子化してるので、このまま読みきってしまおうと思ってます。

あと、小山田いく作品は懐かしかったなぁ(笑)



2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3121ページ
ナイス数:201ナイス

サクラダリセット3  MEMORY in CHILDREN (角川スニーカー文庫)サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN (角川スニーカー文庫)感想
1,2巻で語られていた相麻菫に関する過去の話。でも、実は春埼とケイについての1冊だと感じた。管理局との対峙はもっと強烈かと思っていましたが意外と静かで、三人の想いの方向性は予想と逆向きだったのもあった。そういう面でも面白いです。菫の言い回しはわかりにくいですが、「現在の」ケイの独白と合わせるといろいろと深い。二人のスワンプマン、本巻で語られた一人は一応の落ち着き所を得たが、もう一人はどこを目指すのか。予想する方向はあるんだけど、また意表を突かれそうでわくわくします。
読了日:1月30日 著者:河野 裕

サクラダリセット2  WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL (角川スニーカー文庫)サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL (角川スニーカー文庫)感想
やはりこの作品はすごい。マクガフィンは全体を通したキーアイテムになりそうかな。岡絵里については序盤の情報である程度結末まで読めてしまえるレベルだったけど、魔女の未来視まで含めてしまうとは…。情報はキッチリ提示されていたのに、結末に結びつけるところまでは読めなかった。ケイ恐るべし。野良猫少女の名前が出てきて、いよいよケイのトラウマ部分に触れるのか?というところで幕引き。これは先が気になります。が、次巻は過去の話かな? 最後の岡絵里のぼやきがちょっとかわいらしい(笑)
読了日:1月27日 著者:河野 裕

サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)感想
だれもが超能力を使える可能性と、リセットによる巻き戻し、それに固めの文章とケイ&春埼の感情表現が薄いのが相まって、先の予想がしにくくて序盤は非常に読みにくいと感じました。ところが、文章構成に慣れてきて、少しずつ情報が集まりだす中盤くらいから一気に面白さがアップして、久々に寝るのを忘れて一気読みしてしまいました。これは個人的に好みです。超能力なんて何でもアリにできるネタを使いながら、しっかり枠にはめこんで読ませている事に感心。続けて読んでみよう。
読了日:1月26日 著者:河野 裕

ウッド・ノート 4 (小山田いく選集 2期)ウッド・ノート 4 (小山田いく選集 2期)感想
感想は4冊まとめて。すくらっぷ、ぶるう、本作の三大作品の中では一番好き。改めて読み返しても面白い作品でした。海鵜の回とか、結構重い話もありながら、全体として青春ガッツリまとめてくれてますねぇ。星のローカスとか、他の初期作品も復刻しないかな。
読了日:1月25日 著者:小山田 いく

ガガガ文庫 AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト完全版)ガガガ文庫 AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~(イラスト完全版)感想
人類は衰退しましたから他の作品も…と思って手を出したんですが、これは傑作ですね。非常に面白くて一気に読んでしまいました。扱ってるネタ的には結構ネガ寄りなんですが、一郎が絶妙・軽快に受け答えするんで爽快感があります。人類の方も良かったけど、こちらはもまた別格に良かった。田中ロミオ氏すごいな。戦士系な能力は無かったけど、対人能力等々、一郎はある意味すごい能力持ってると思う。タイトルであるAURA、確かにこの作品のタイトルだなぁと感じます。
読了日:1月20日 著者:田中 ロミオ

人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)感想
電子版にて。今回は2話とも濃いネタで来たなぁ(^^; 「すかいはい」は、まぁ鳥人間コンテストですね。ドラえもん的なノリで妖精さんを使うのはどうなんだ…(笑) どのへんに面白さのポイントを置くかで印象変わりそうですが、とりあえず「解☆決!!」 「さぶかる」は、まぁ、Y大活躍という事で(^^; 全然人類衰退してないじゃん、とか思ったり(笑) 両話ともギャグ色強めでSF要素が弱いので、読んでいて面白いんですが、なんとなく物足りない。いまのところ5巻が秀逸ですね。
読了日:1月20日 著者:田中 ロミオ

ぶるうピーター 3 (小山田いく選集 2期)ぶるうピーター 3 (小山田いく選集 2期)感想
感想は3冊まとめて。実はこの作品が初小山田いくで、どっぷりハマって他作品も買いあさったのも懐かしい思い出(笑) そのため、妙な思い入れがあったり。全体的に重めの話が多かったんですが、その分印象に残るキャラも多くてMy殿堂入りですね。特に、一帆のまっすぐさと、かえでのムードメーカぶりがダントツに好き。中盤のドロドロ部分は一気に読み抜けないとツラいかもしれません(^^; さて、次はウッドノートを読もう。
読了日:1月14日 著者:小山田 いく

人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)感想
電子版にて。今回はKindle版なんでイラスト付き。「ひみつのおちゃかい」の序盤は苦手…。Yと打ち解けてからは一気に面白くなりましたが、序盤のエピソードが無いと成り立たないというのはありますね。オチ部分のお茶会妖精さんの言葉、いつもいっしょとせんきゃくばんらいがすごい好き。「いちにちいちじかん」、ターゲット年齢高そうなネタですね(^^; ネタがわかれば一気に読んでバカ笑いするのが楽しいかも(笑) 助手さんがコッソリ…なオチも良い(笑) しかし、この著者さんは引き出しが多いですね。今のところ大外れな回も無い
読了日:1月14日 著者:田中 ロミオ

すくらっぷ・ブック (4) (fukkan.com―小山田いく選集)すくらっぷ・ブック (4) (fukkan.com―小山田いく選集)感想
感想は4冊まとめて。懐かしいなぁ。自分を思い返しても、こんな青春を謳歌している&しっかりした中学生じゃなかったな(笑) 表紙が今の絵柄になってるもんで、ちょっと違和感ありますね(^^; 「ぶるうピーター」の方の作者コメントにあるように、この作品は「出会い」を描いてある印象なので、山谷あってもある程度安心して読めますね。自分の中では殿堂入りしている作品の一つです。
読了日:1月5日 著者:小山田 いく


読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »