« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の2件の記事

2012年10月27日 (土)

電子書籍を読む

電子書籍リーダーは、SONY Readerから始まり、東芝のBookPlace、スマホといろいろ手を出してきましたが、先日購入したNexus7である程度集約できそうな感じになりました。
アプリ様々ですね(笑)

Dsc_0002
上段左から、SONY Reader PRS-350(5インチ文庫サイズ)、東芝BookPlace DB50(7インチ)、ASUS Nexus7(7インチ)、下段は比較用で、左から、A6判(文庫サイズ)、四六判(コミックスサイズ)となります。

Dsc_0007
文庫とSONY Reader PRS-350の比較です。本体は文庫よりやや小さいので、画面だとかなり小さくなります。
なぜか表紙画像はサムネイル用サイズしか無い(上記のような感じ)、もしくは本文中には画像が無い(表紙はタイトル文字だけ)という場合が多いです。
でも、最近発売された書籍はちゃんと大きな画像がある物もありますし、新装版が出ると画像が置き換わる場合もあったので、徐々に改善される…といいなぁ(^^;

Dsc_0008
電子書籍端末では文字サイズを自由に変更できるため、当然ながら原書と段落などの構成が変わってきます。
また、「Day-30」表記のように、縦書横書が変わる場合もあるようです。

Dsc_0010_2
同じ書籍をNexus7でアプリから表示するとこんな感じです。
液晶はバックライトがあるため、暗い所で読める反面、長時間読んでるとやはり目が疲れるのが難点です。

SONY ReaderなどのE Inkスクリーンを使った端末は、紙の書籍を読んでいるのとほとんど同じように読めるので、活字を読むのであればこちらの方が向いてると思います。
あと、 PRS-350は小さくて軽いので、持ち歩くのに非常に便利な点もお気に入りのポイントです。

ただし、モノクロなので雑誌などを読むのは向いてないですし、ページめくりにちょっとタイムラグが発生するのもあって、個人的にはコミックスを読むのにも向いてないように思います。

Dsc_0004
こちらはコミックス用に導入した端末比較です。
左のコミックスの電子版を、BookPlace(中央)とNexus7(右側)で表示してみました。
ディスプレイサイズが同じなので、ほぼ同じ大きさで表示されます。四六版コミックスだとかなり実物より小さいですね。
色味は若干Nexus7の方が綺麗に思えます。

Dsc_0005
中身を表示するとこんな感じです。(ページを押さえる関係で、コミックスの位置が変わってます(^^;)
やはり若干Nexus7の方が見やすいように思えます。

Dsc_0006
こちらはKindleアプリでの表示です。
写真だとイマイチな感じですが、実際の画面で見ると結構あざやかに表示されていて、なかなか良い感じです。

Screenshot_20121027212608_2
現在使っているアプリはこんな感じです。
上段:Amazon Kindle(左側)、SONY Reader(右側)
中央:BookPlace(左側)、eBookJapan(右側)
下段:Googleブックス(左側)、Googleムービー(右側)

Kindleを買うならPaperwhiteにしようと思っているので、SONY Readerと合わせて、コミックスを読むならアプリを使ってNexus7上で読もうと思っています。

BookPlaceとeBookJapanは、完全にアプリメインです。

Google Playは書籍の数が圧倒的に少ないので、ほとんど使ってません(^^;

ただ、Nexus7はSDが使えずメモリ量が潤沢では無いので、普段はクラウド上に置いといて、必要な分だけ取り込んで読むというスタイルになります。
全部取り込んで持ち歩くスタイルを望んでる人は、SDが使えるタブレットにする必要がありますね。(ただし、アプリがSD保存に対応している必要があります)


という訳で、うちの電子書籍環境はこんな感じです(o゚▽゚)o
Nexus7は当初考えていたよりかなり重宝しています。アプリってすごい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

9月の読書メーター

もう20年ぶりというレベルで、夏の魔術シリーズを読み終えました。時間かけすぎだなぁ(^^;
烏賊川市シリーズの新刊(文庫)も出ましたし、リプレイの新作も出たしで、読書的に充実した1ヶ月だったかな。
ペースは相変わらずマッタリですが(^^;



2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1906ページ
ナイス数:404ナイス

ソード・ワールド2.0リプレイSweets(4)  きらめき魔剣はあきらめない!  (富士見ドラゴンブック)ソード・ワールド2.0リプレイSweets(4) きらめき魔剣はあきらめない! (富士見ドラゴンブック)感想
なんとも膨大で突拍子もないシナリオでしたが、楽しんでる雰囲気が伝わってくるおもしろいリプレイでした。ラストはネタバレすぎてここには書けませんが、ある意味恐ろしい、歴史に残る展開に!(笑) 魔剣の本数が本数だっただけに、どう収集つけるのかと不安でしたが、まずまずの締めだったんではないでしょうか。このパーティ、意外と戦力高めだったと思うんですが、リプレイ読んでる時は全然強そうに見えないのがすごい(^^; クセは強かったですが、これで終わってしまうのは少々もったいない感じがしますね。
読了日:9月30日 著者:藤澤 さなえ,グループSNE

神戸在住(1) (アフタヌーンKC)神戸在住(1) (アフタヌーンKC)感想
大好きなシリーズ。もう何度読み返したかわからないです。はっきり言ってしまうと最初の方の絵柄は結構ものすごいので、なかなか他の人にオススメしずらいんですが(^^; でも、全10巻の要約のようなイメージの1巻はやはり大好きな1冊です。東日本大震災を経験したため、また別の印象になった作品でもあります。
読了日:9月28日 著者:木村 紺

ここに死体を捨てないでください! (光文社文庫)ここに死体を捨てないでください! (光文社文庫)感想
(ある意味での)犯人側の視点と、探偵側の視点が入り乱れるため、読むのは楽しいのに、状況をまとめるのがちょっと大変(^^; 相変わらずのヘッポコ推理ぶりというのもありますが(笑) ただ、本作は前作までと違って、ラストに向かって予想外の展開があり、予想外のラストに。これは好みが分かれそうですが、私はかなり良かったと思います。件の二人の顛末も、真犯人が陥った結末も、めずらしくシリアスにまとめた鵜飼探偵の言葉も、良かったですね。個人的にシリーズ中最高に面白かったと思います。
読了日:9月25日 著者:東川 篤哉

春の魔術 (講談社ノベルス)春の魔術 (講談社ノベルス)感想
完結編。舞台としては、やはり始まりに戻る事になるんでしょうね。ただ、どうしても追い詰められているという雰囲気が強くて、正直、物語としては冬の方が面白かったと感じます。まぁ、いろいろ置き去りになっていた事がそれなりに解決したのは、シリーズ物としては良かったと思います。振り返ってみると、20年もかけて、ようやくこのシリーズを読み終えたんだなぁ(笑)
読了日:9月17日 著者:田中 芳樹

辣韮の皮 7巻 (GUM COMICS)辣韮の皮 7巻 (GUM COMICS)感想
電子書籍版を購入したので再読。9年もの長期間連載のため、1巻の頃とはだいぶオタク周辺の文化も様変わりしましたね(^^; それでも、ギリギリ自分がわかる範囲でのネタだったので、楽しみながら読ませていただいた作品になりました。もう少し連載が続いていたらもう追えなかったかも(笑) 好きな作品の1つになってます。
読了日:9月13日 著者:阿部川キネコ

白い迷宮―夏の魔術 3 (Tokuma novels)感想
耕平の気持ちの切り替えがあったのもあり、1,2巻と比べて格段に面白い巻になってます。しかし、どうも読んでいて創竜伝を彷彿とさせられるのは、悪役が田中節全開だからなのかな(^^; 魔術系のいろいろが自分好みでもあり、かなり堪能させていただきました。さて、ラスト1冊、楽しみに読みたいと思います。
読了日:9月11日 著者:田中 芳樹

氷菓 (2) (カドカワコミックス・エース)氷菓 (2) (カドカワコミックス・エース)感想
巻末で原作者・米澤穂信氏も書いてましたが、2巻に入っても丁寧に描かれている印象が強いです。小説では表現が難しい人物の表情が良い感じに表現されていて、とても好印象です(^^) 冒頭P.6右下のホータローの表情が、何を期待してたの?という感じでニヤニヤしてしまいました(笑) あと、要所要所にホータローの一言が書き文字でちょこっと入ってるのが良いですね。これはコミックスならではですね。ラスト、盛り上がるところで切れたもんで、3巻が待ち遠しいです。早く読みたい!(笑)
読了日:9月6日 著者:タスクオーナ

窓辺には夜の歌 (トクマ・ノベルズ―夏の魔術)感想
もう20年以上前の作品になりましたか。日蝕都市の光景はカタツムリのせいでなんだかコミカルなイメージが(^^; 近石の描写、他者の力を自分の力と勘違いしている姿は、最近ネット上でもちらほら見かけますね…。来夢と耕平の信頼はお互い強固になりましたが、自分達の身に起こった事に対する情報が絶対的に少なすぎて振り回されてる感が強いですね。ここは今後どんな展開になるのか期待したい部分でもあります。しっかし、藤崎はなんかムカつきますなぁ(笑)
読了日:9月5日 著者:田中 芳樹

先生と僕 (双葉文庫)先生と僕 (双葉文庫)感想
日常の謎系ではあるんですが、事件の真相が妙に生々しいというか、隼人が嘆くのもわかるようなやつばっかりで好みからは外れてました(^^; でも、二葉と隼人の会話とか考え方(怖がり妄想じゃなく(笑))とか全体の雰囲気は良かったですし、ちゃんと堪能できました。あと、各話で紹介される本は読んでみたくなりますね。冒頭の二葉の独語は、なんだかオレンジロードを彷彿とさせる(^^;;
読了日:9月1日 著者:坂木 司


読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »