« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の6件の記事

2012年5月21日 (月)

ベランダガーデニング

去年はお休みしましたが、今年はベランダガーデニングに再挑戦。

Dsc_0086
キュウリ。
これは実績あるので、まぁ、大丈夫かな(^^;

Dsc_0088
ホームセンターで売ってた簡単栽培セットの葉物ミックスプランター。
これは2週間前くらいから始めてたんですが、結構育ってきてます。

Dsc_0087
花系は今まであまりうまくいったことが無いので、寄植えになってたやつで(^^;
このまま育ってくれると良いんだけど、様子を見ながらですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

撮影機材

機材という程でもありませんが(^^;

4/28、29はスマフォ(Xperia acro HD)です。
これはこれで結構綺麗に撮れますね。

4/30は去年衝動買いした、PENTAX K-xです。
全然使いこなせていないので、レンズキットの標準レンズです。
風景撮影してると、望遠レンズがちょっと欲しくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/30 鹽竈神社

前半ラスト、鹽竈神社です。
厄年のお祓いをしてもらってきました。
桜はぎりぎり間に合ったという感じでしたね。でも、桜吹雪という感じで、これはこれで良かったです。
Imgp0249

Imgp0252

Imgp0253

Imgp0256

Imgp0260

Imgp0267

Imgp0278

これまでは、あんまり厄年とか気にしてこなかったんですが、独り身じゃなくなったのと、周りの人にも影響があるというのを聞いたので、今年はしっかりお祓いする事にしたのでした。

とりあえず、ずっと晴天に恵まれたのは良かった("▽"*)

後半は雨っぽいですねぇ(^^;
残念…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/29 小岩井農場~盛岡手づくり村~松島西行戻しの松

4/29 小岩井農場、盛岡手づくり村で遊んだ後、帰り際に松島西行戻しの松に行ってきました。
小岩井農場はほとんど写真撮ってなかった(^^;

盛岡手づくり村。100円で南部煎餅の手焼き体験ができます。
あと、白いおだんごを買って、すきな餡を付けれるとか、結構おもしろいスポットでした。
Dsc_0019

Dsc_0021

松島松島西行戻しの松。
西行法師がわざわざ戻ってまでも桜を見たと言われているスポットなんだそうです。
松島の海と桜を一緒に見れるなんて、贅沢な景色です。
一緒に咲いていた木蓮(かな?)とのコントラストも良いですね。
Dsc_0023

Dsc_0024

Dsc_0026

Dsc_0027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/28 利府城址

ゴールデンウィーク前半を利用して、あちこちの花見をしてきました。

4/28は利府城址。
ちょっと入り口の道が車がすれ違えないくらい狭くて大変なのですが、桜の木が多く、枝が重なっているため、視界一面の桜を体験できます。
Dsc_0005

Dsc_0006

Dsc_0008

Dsc_0009

Dsc_0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の読書メーター

今月は1Q84に手こずって、ほとんど読めませんでした。
まぁ、読書の他にいろいろやってたというのもあるんですが(^^;

関くんは掘り出し物だったなぁ。これは面白かった。



4月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1135ページ
ナイス数:247ナイス

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
なかなか世界観に馴染めなくて、読むのに時間がかかってしまいました。青豆編と天吾編が交互に綴られているのですが、正直、青豆編はまだよくわからないですね(^^; 天吾編はいろいろ怪しげなキーワードが出てきて徐々に面白くなってきました。このまま後編に突き進んでしまおう。
読了日:04月24日 著者:村上 春樹

となりの関くん 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
後藤さんと前田くんが増えて、前後がそろった(笑) 関くんの行動も大概だけど、それを的確に理解できる横井さんも同類っぽい(^^; 後藤さんの勘違いがどうエスカレートしていくのか楽しみ。前田くんは純粋に被害者だね(笑)
読了日:04月18日 著者:森繁拓真

となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)
関くんの行動より、それを見て妄想する横井さんが秀逸だと思う(笑) 授業中に遊んでるだけというネタで、よくぞここまでひっぱれるなぁ(笑)
読了日:04月15日 著者:森繁拓真

グレイメングレイメン
予想以上に面白く、中盤までは先を急ぐように読みました。が、グレイの真意が明らかになるにつれ、徐々にトーンダウンしていくのはどうしても否めませんでした。それは、最初に遼太郎が感じた「グレイ」の人間離れした印象がだんだんと薄れていくからなんだと思います。SF的な展開はまったく望んでいませんでしたが、最後のグレイの姿は、それまで語られてきた超人的なグレイの印象からあまりにもかけ離れすぎていたからなんだと思います。まぁ、計画があまりにも壮大過ぎて、まとめるのは大変だなとは思いましたが(^^;
読了日:04月02日 著者:石川 智健


2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »