« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の5件の記事

2011年7月24日 (日)

MEDIAS WP N-06C購入

110724_0912001
とうとうスマートフォンに手を出してしまいました(^^;

正直、既存の携帯電話とスマートフォンで、何ができるようになって何ができなくなるのかとか、イマイチわかってなかったもんで躊躇していたんですが、7/23からSuicaアプリが使えるようになった事で、個人的に使いたかった機能はすべてスマートフォンでもできるようになったのをきっかけに機種変更してしまいました。

何より、嫁がかなりノリノリモードに突入してしまったのが大きかったですね(笑)


おサイフケータイ必須という縛りがあったので、SO-02Cとの二択ではあったんですが、嫁とおそろいで持てるという点を重視して、NECカシオモバイルコミュニケーションズの「MEDIAS WP N-06C」にしました。
色はかなり迷ったんですが、ゴールドがちょっとかわいらしすぎたので、+5000円ではあったんですがブラウンを選択。
黒に近い濃いブラウンなので悪くないですヽ(⌒▽⌒)ノ


メール使えるようにしたり、先人達のオススメアプリを入れたりと、なんとか使い始めてみましたが、わからない事多すぎてまったく使いこなせていません(^^;
少しずつ覚えていくしかないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

【映画】コクリコ坂から

いやいやいや、これはこれは。
失礼な話だが、正直あまり期待していなかったんですが、予想を大幅に上回る面白さでした。
パンフレットを読む限り、今回は原作系をまったくノーチェックだったのが良い方に働いたようです。

時代は1963年、場所は横浜。
いい感じで素朴で活気のある街並みがすごく魅力的に映ります。
ハウスのCM「おうちで食べよう」シリーズを彷彿とさせます。

ヒロイン、ヒーローは高校生。
子供でも大人でもない学生達の姿も魅力的でした。
主人公の年齢が(ジブリの中では)高めだったのに加え、ここしばらく続いたファンタジー路線から外れたのも良い方に向いたと思います。
派手さはありませんが、じっくりと楽しめる作品だったと感じました。

メインストーリー部分は「マーマレードボーイ」ですね。これでもわかる人にはネタバレになってしまいそうですが(^^;
これはこれで、ベタなりに綺麗に流れてくれたので良かったですし、それに比重を置きすぎた構成じゃなかったのも好印象の一因だったと思います。


以下、雑感です。

広小路さんは良い味出してる(笑)

海の事を友人らが「メル」と呼んでるのが謎だったんですが、フランス語で海の事をMER(メール)というのにちなんでるみたいです。(パンフレットから)
劇中では語られてなかった・・・と思う(^^;

俊は、はじめ学生帽の有無で見分けがつかなかった(^^;

いつも通りの本職声優さんを使ってないキャストですが、今回はそれが悪くない雰囲気になってると思いました。


もう一回見に行きたいところだけど、DVD/BRまでガマンかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月 4日 (月)

一部損壊

同じマンションの人から地震保険で一部損壊になったと聞いたもので、結果として損壊認定にならなかったとしても、やはり一度は見てもらうべきかなと思い、本日内見をしてもらいました。
嫁さんが立会い。

結果、リビングの天井に結構大きめのヒビ(既認識)、リビング窓側の壁にも大きめのヒビ(既認識)、玄関の壁に剥離(今回認識)、それと洋室の窓側壁に剥離(今回認識)と、自分でひと通り確認していたにも関わらず、見つけられなかった被害もありました。
さすがは専門家。

ということで、うちは一部損壊と認定され、保険金が下りる事になりました。

マンションの管理会社系列の業者に修理見積もりをしてもらっているので、この修繕費用はこの保険金でまかなえるかも。
何にせよ、助かりました。

とりあえず、これで専有部分はなんとかなる目処が立ちました。


後はマンション共有部分の修理をどうするかですね。
こちらは結構被害が大きいのと、住民みなさんの同意を得られる対応を検討する必要があるため、結論出るまでちょっとかかりそうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

秋保温泉でまったり

7/1(金)の仕事明けから移動して、二泊三日で秋保温泉に行ってきました。

今回は、ホテル華乃湯の三食付きコースで、ほんとにどこにも行かずにゆったりまったりしてきました("▽"*)
二日目、調子に乗りすぎて温泉に何度も入ったもんで、ちょっと湯疲れしてしまった感もありますが(^^;

実は嫁さんが結構好き嫌い激しくて、食事がお膳だと食べられる物が少ない事が判明したので、次回はバイキングコースとかも検討してみる予定(^^;
嫁さんが食べれなかった分をもらって食べたもんで、かなり食べ過ぎた感じがしないでもないです(笑)

とりあえず、まったりする!という目的は達成できたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の読書メーター

今月は、恒川光太郎氏の面白さを知れたのが一番の収穫。
あとは孤島の鬼に時間をかけすぎてしまったなぁ(^^;



6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1918ページ

ソード・ワールド2.0リプレイ from USA(3)  竜魔争鳴‐ラヴコンフリクト‐ (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ from USA(3) 竜魔争鳴‐ラヴコンフリクト‐ (富士見ドラゴン・ブック)
私が雰囲気に慣れてきたというのもあると思いますが、それ以上にプレイヤーがそれぞれのキャライメージを確立してきたという印象が強い巻でした。ムチャな小ネタも減ってだいぶ読みやすくなりました(笑) GMは戦闘バランスという意味で未だかなり大味ですが、シナリオ面ではこれまでに無いアイディアが多くて、純粋に読み物としても楽しめます。卵とか、まさにバルバロステイルズのためのシナリオっぽいじゃないですか。パーティとしてはこれまでの花形ズにはまだ及ばない気もしますが、今後が楽しみな面々ですね。
読了日:06月30日 著者:ベーテ・有理・黒崎,グループSNE

秋の牢獄 (角川ホラー文庫)秋の牢獄 (角川ホラー文庫)
書題にある「牢獄」がテーマなんだと思います。「秋の牢獄」ありがちなネタではあるんですが読ませ方がうまい。ラスト1行にすべてが凝縮されています。「神家没落」没落度合いが予想を上回ってちょっとつらい。そこまで堕ちれるかというのが一番の感想。雰囲気は一番好き。「幻は夜に成長する」3作の中で一番面白かった。中二病的な正義感と、盲信か拝金かわからないがヒゲの男がイラつく。力のある者は弱者を救うべきだという論理が一番嫌いだ。ラストの先は決してハッピーエンドには成りえないけれど、あれはあれで良かったと思う自分もいます。
読了日:06月28日 著者:恒川 光太郎

孤島の鬼 (角川ホラー文庫)孤島の鬼 (角川ホラー文庫)
綾辻行人「フリークス」から触発されて久々に古典に手を出したのですが、旧文体に慣れていなかったのと、素人の手記という形式が読みにくい事この上なく、読み進めるのに時間がかかってしまいました(^^; 中盤くらいから徐々に盛り上がってきて、後半は文体に慣れた事もあって一気に読み終えてしまいました。しかし、仮にも探偵役だった諸戸の扱いがあんまりかなというのと、あれだけ確執のあった片割れが最後の最後にどうなったか触れられなかったのは残念。一応大団円という事になるんでしょうけど、ちょっとご都合に感じ無くもない。
読了日:06月22日 著者:江戸川 乱歩

先生のたまご(1) (まんがタイムコミックス)先生のたまご(1) (まんがタイムコミックス)
ペコポン人スーツ(笑) 化野&保取コンビに主人公の座をもってかれてる感バリバリですが、それが良い味になってると思います。各コマでしっかり主人公主張してますし(>▽<) 全教科の先生の名前を知りたい(笑)
読了日:06月11日 著者:みなづき 忍

夜市 (角川ホラー文庫)夜市 (角川ホラー文庫)
いや、これはかなり面白いですよ。ホラー小説となっていますが、SFやファンタジーと言った方が近い雰囲気もありますし、遠野物語的な日本民俗のような雰囲気も強いです。表題の夜市は、その不思議な市の雰囲気を楽しみつつ、登場人物の心の揺れが感じられて惹きこまれます。同時収録の風の古道は、夜市の雰囲気を踏襲しつつ、古道という、それこそ妖怪譚や神話に登場するような世界にわくわくしながら読むのが止まらなくなりました。最後にきっちり釘が刺してある通り、何も変化も克服もしない、迷子の物語というのが似合う作品だと思います。
読了日:06月08日 著者:恒川 光太郎

七つの危険な真実 (新潮文庫)七つの危険な真実 (新潮文庫)
引き続き七つシリーズ。「危険」と銘打ってますが、それほどでもないかな。面白かった順に。乃南氏、内容的にはそれほど目新しくは無いんですが、嫌な人物像の描写が良かった。宮部氏、再読ですがやはり良い。阿刀田氏、連城氏、夏樹氏の3話は特に驚きも無く淡々と。赤川氏の作品は、内容的に悪くないんですが、どうしても軽すぎな印象。北村氏は別格ですね。真実とかいうレベルじゃなく、神秘的というかなんと言うか。好みが分かれそう。全体を通して、インパクト的には「怖い」の方が良かったですね。
読了日:06月07日 著者:赤川 次郎,北村 薫,夏樹 静子,乃南 アサ,阿刀田 高

うちのトコでは2うちのトコでは2
ペーパーバック版を待てませんでした・・・(笑) 県民性マンガ部分は割愛して、今回は特別編は高知のよさこい。正直、個人的にもなぜ北海道のYOSAKOIソーランの方がクローズアップされてるのか謎だったんですが、まぁ、いろいろあった訳ですね。こういうのは他にもありそう。Webの方で読んでも高知(擬人化)は好感度高い。良いですね。欲を言えば岐阜ネタがもっと欲しい(笑) ちなみに、私は山形です。こっちもちょっとネタ少なめ・・・。
読了日:06月05日 著者:もぐら

七つの怖い扉 (新潮文庫)七つの怖い扉 (新潮文庫)
こういう短編集は好みの作家さんを探すという意味では良いですね。宮部みゆき氏は「妖」で読んだんで割愛し、面白かった順に。小池真理子氏、オチが意味不明である意味一番恐いかも。高橋克彦氏、淡々と。恐くは無いかな。夢枕獏氏、いろいろ亜流ありそうな内容ですが、安定して恐いかな。阿刀田高、乃南アサ両氏は恐いというかブラック寄り。鈴木光司氏、バース・デイ?と思ったらまんまだった。恐いと言えば恐いけど、なんか食傷気味な印象。執筆当時はそうでもなかったんでしょうけど(^^; で。まぁ、なんと言うか、「まんじゅう」。
読了日:06月04日 著者:阿刀田 高,高橋 克彦,小池 真理子,乃南 アサ,鈴木 光司,宮部 みゆき,夢枕 獏

ぼく おかあさんのこと…ぼく おかあさんのこと…
ちゃんと絵本らしく綺麗にまとめてくれてはいるんですが、お母さんうさぎがうつむいてるイラストがすごく悲しそうで、そこが一番印象に残ってしまいました。こういうのに弱い私(^^; 子供の主張もかわいらしいし、全体としては良いお話しなんですけどね。
読了日:06月01日 著者:酒井 駒子


読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »