« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の4件の記事

2011年5月16日 (月)

芝桜

Imgp0181

Imgp0182

Imgp0184

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

八木山動物公園に行ってきました

今日はものすごい強風で電車が遅れたりする中、八木山動物公園に行ってきました。
カレンダー上は平日だったのと、この強風のせいもあってか、そんなに混んではいませんでした。

嫁さんが仕事だったので、一人で地元貢献に。


Imgp0039
レッサーパンダ。そこにいたのか、キミ。

Imgp0044
イノシシ。フフフッ、という表情。

Imgp0052
アライグマ。なんかくれよぅ、という感じ。

Imgp0055
プレーリーちゃーん、ドックちゃーん。ん~。

Imgp0060
お猿さんに応援されました。がんばる。

Imgp0065
インドゾウ。大きいなぁ。

Imgp0072
カンガルー親子。写真取ったら、何撮ってんだよ!という感じでこっち見られた(笑)

Imgp0080
COMING SOON。

Imgp0086
Imgp0084
シロクマ。すごい眠そうだった(笑)

Imgp0114
なぜか通路につまってたサイ。

Imgp0121
1匹だけ真っ赤だったフラミンゴ。


ところどころまだ修復中だったりしましたが、動物たちはまったりとしてたように思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

カエルとブタさん

Imgp0030600
最近のそれぞれのお気に入り。
カエルの方がブタさんより太めなのがポイントと言えばポイントかもしれない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の読書メーター

3月は本を読む気力が無かったせいでほとんど読めてなかったんですが、小市民シリーズでリハビリした後に、まおゆうにドップリはまってしまいました(^^;
ペースは遅めですが、ゆっくり戻していこうかなという感じです。



4月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2399ページ

まおゆう魔王勇者3 聖鍵(せいけん)遠征軍まおゆう魔王勇者3 聖鍵(せいけん)遠征軍
まあ、予想通りとは言え、裏で動いてるのは人間か。結局は駒、哀れだ。現実の歴史もそうなんだけど、熟練が不要になるモノが現れると被害のケタが変わる。王弟って・・・ナウシカっぽい(^^; 精霊、司教、姉、魔法使い、このあたりが大きな渦でしょうか。2巻よりはマシだけど、やっぱり良いところで切られちゃうなぁ。先が気になってしかたない(笑)  巻末の対談読んで納得。既存路線好きな人は、合わないのか、馴染むまで時間かかるんでしょう。
読了日:04月30日 著者:橙乃 ままれ

まおゆう魔王勇者 2忽鄰塔(クリルタイ)の陰謀まおゆう魔王勇者 2忽鄰塔(クリルタイ)の陰謀
1巻のラストから2巻の前半はかなり盛り上がりましたね!読むのをやめられませんでした。魔界での攻防戦、良いところで終わっちゃったなぁ。人間界の情勢、魔界の情勢、どちらも緊張感ピリピリなので、これは3巻が気になってしかたない("▽"*)
読了日:04月27日 著者:橙乃 ままれ

県民性マンガ うちのトコでは ハンディ判県民性マンガ うちのトコでは ハンディ判
ペーパーバック版が出たので購入。こういう、集団一括り(県、血液型、星座とか)でこんな人ってのはちょっと胡散臭いんだけど、納得できる事も多いので面白いですね(笑) 先日2も出ましたが、あっちもペーパーバック版になるかなぁ。
読了日:04月24日 著者:もぐら

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
話題になっただけあって、かなり読ませられる1冊でした。勇者が魔王を倒しても世界は平和にならない。深いですねぇ。会話のみで構成されているので、リプレイが好きな人は読みやすいかなと思います。経済学などが主になるので、ファンタジーに期待しすぎると合わないかもしれません。でも、読み物として純粋に楽しめるかと。続きがすごく気になります。
読了日:04月22日 著者:橙乃 ままれ

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
再読。上巻で準備されていた布石をもとに小鳩君大活躍で一気読みでした(笑) ミスリード狙ってる部分もありますが、まぁ、そこは初読でも大きく惑わされないかな。一度距離を置くというのは結構大事かも。
読了日:04月19日 著者:米澤 穂信

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
再読。どうも瓜野の性格が苦手なもので、瓜野視点が多いのと、事件の導入で小市民二人の本領が発揮されない上巻はペースが遅れがちになります。その分、下巻が面白いんですが。
読了日:04月19日 著者:米澤 穂信

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
再読。やっぱりシャルロットは良かったんだけど、改めて読むと全体的に重い印象が。最初読んだ時は気付かなかったけど、要所要所で小鳩君が布石を置いてて、オチを知ってるからなんだろうけど、それが重く感じる。やっぱり秋まで読まないとモヤモヤしちゃいますね(^^;
読了日:04月13日 著者:米澤 穂信

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
しばらく活字から離れていたため、リハビリ再読。やっぱりココア事件はいいなぁ(笑)
読了日:04月09日 著者:米澤 穂信


読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »