« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の3件の記事

2011年4月29日 (金)

GW突入

なんだかんだとありましたが、GW突入ですね。

お店が閉店したままだったり、道路が陥没・歪んでたり、震災の傷跡はまだあちこちに残っていますが、仙台市内はだいぶ落ち着いてきているように見えます。
東北道は開通していますが、結構ヒビや陥没・隆起している箇所があるらしいので、利用される方は十分注意してください。

近場の温泉場は予約でいっぱいなんだそうです。
温泉でゆっくり休養したいと思ってる人が多いのかもしれません。

会社でも、遠出するのはまだ恐いけど(余震など)、近場で気晴らしはしたいという人が多いようでした。


うちも実家に帰省するくらいで、予定はまだ白紙です(^^;
適当にゆっくりするつもりです(o゚▽゚)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

秋保温泉行ってきました

まだガスが復旧しないため、お風呂に入る事ができません(つД`)
料理はカセットコンロがあるのでなんとかなるんですが、お風呂だけはどうしようもなく・・・。
ポットで沸かしたお湯で体を拭く程度しかできません(^^;

そこで、4/1から秋保温泉のいくつかの宿泊施設で日帰り入浴のサービスを開始していたので行ってきました。
うちが行ったのは、ホテル瑞鳳です。

→ 秋保温泉 ホテル瑞鳳 宮城県仙台市 東北温泉宿

まだ館内のあちこちが封鎖されていて、宿泊再開まではできていない状況でした。
でも、宿泊者がいないため、10:00 ~ 20:00という長い時間お風呂を利用する事ができます。
他の施設だと、だいたい15:00くらいで終わってしまうところが多いので助かります。(ホテル側は大変だと思いますが・・・)

15:00くらいに瑞鳳に行ったのですが、結構な賑わいで、40分ほど待ちになってしまいました。
恐らく空いてる方だったと思うんですが、どの時間帯が空いてるか確認してくれば良かったかも。
待ってる間はラウンジを利用できるのですが、空間が広いので結構冷えます。厚着必須。

お風呂は、広々とした内風呂と、露天風呂が4つもあって、楽しみながらじっくり温まってきました。かなりサッパリしました。ありがたや(-人-)

4/9からランチバイキング+日帰り入浴のセットコースを開始するそうなので、ランチ時間帯は混雑するかもしれません。
このコースは前日17時まで予約が必要との事ですので、利用する際には予約を忘れずに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月の読書メーター

3/11以降は全然本を読んでなかったせいで、今月は3冊という結果に(^^;
はやく気持ちが落ち着くといいなぁ。



3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:834ページ

泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。 (徳間文庫)泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。 (徳間文庫)
あらすじを読んだ時はもっとドロドロした内容を想像してましたが、かなり軽めで読みやすく、一気読みしてしまいました。これは、別れさせ屋と違い、泥棒猫的な強奪という設定だからでしょうね。まぁ、依頼が成立するくらいのダメダメ野郎が多いのでスッキリと行かない話もありますが(^^; でも、続編でたらすぐ読みたい作品になりました。泥棒猫、九官鳥、カワウソは面白かったです。鳥かごはちょっと重いなぁ。
読了日:03月07日 著者:永嶋 恵美

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)
七不思議をテーマに据えた人情時代劇です。堪忍箱よりは好みの話が多かったと思います。決して綺麗な結末じゃない話が多いので好みは分かれるかもしれませんが、なかなか深いと思います。ただ、この手の話は短編だからこそという気もしますので、長編だと微妙だったりするのかな・・・。
読了日:03月06日 著者:宮部 みゆき

ソード・ワールド2.0リプレイfrom USA(2)  姫騎士襲撃─プリンセスナイト─   (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイfrom USA(2)  姫騎士襲撃─プリンセスナイト─   (富士見ドラゴン・ブック)
これは・・・1巻にも増して濃すぎ(笑) クリフの暴走がウザく感じる場合があるのは、今後こなれていくんだろうか?とりあえず、いろいろ・・・ほんといろいろあった上で、パーティとしては一山超えたかなという感じです。結構戦闘苦労してるんだけど、敵がオマヌケすぎてちょっと緊張感がないな(笑)
読了日:03月01日 著者:ベーテ・有理・黒崎,グループSNE

読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »