« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の3件の記事

2011年2月19日 (土)

無線LANルータをリプレース

最近、ルータの調子が悪くて、突然接続が切れたり、無線LANが繋がらなかったりと、ちょっと困った状態になってたので、新しいのにリプレースする事にしました。

そんなに気合の入ったやつはいらないので、引き続きBUFFALOのWHR-G301Nにしてみました。

→ 〈エアステーション エヌフィニティ〉 11n対応 11g&b 無線LANブロードバンドルーター ecoモデル | WHR-G301N

さーて、今日は一日かけてゆっくり設定するかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

東京~鎌倉・横浜旅行

この三連休で、東京~鎌倉・横浜の2日間バスツアーに行ってきました。
バスツアーだとどうしても移動時間が長いんですが(東京入るだけで、仙台からだと6時間近くかかりますし(^^;)、格安なので仕方ないですね。

行程としては、
1日目:東京都庁、国会議事堂(車窓)、皇居(車窓)、旧岩崎邸庭園、浅草寺・仲見世、隅田川クルーズで有明に宿泊、
2日目:鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、横浜中華街で、仙台戻りです。

ちょうど2/11は首都圏近郊で大雪だったもので、都庁の展望台から何も見えないという状態に(^^;
P1000794
まぁ、雪の東京という、ある意味で貴重な体験ができたと前向きに考える事にします(笑)

P1000796
旧岩崎低はなかなか趣があって良かったのですが、何を置いても寒くて寒くて、晴れてる時に見学したかったです(^^;

P1000801
仲見世~浅草寺。
写真では雪がそれなりに良い感じに見えるんですが、人が多くて傘が邪魔すぎ(笑)
そこかしこで中国語が飛び交っててすごかったですね。

ここで、てんぷらの老舗・三定で昼食でした。

あとは、寒いわ傘が邪魔だわで、ほとんど写真取らず(^^;
宿泊は、有明のホテルグランパシフィック LE DAIBAというところで、かなり立派な部屋でした。

2日目、一応このツアーに申し込んだ一番の理由である中華街では、ちょうど雪もおさまって良いタイミングでの観光となりました。
どうしてもパックツアーなのでゆっくり時間取れませんでしたが、ポイントを絞りつつ堪能してきました。

仙台到着は20時すぎで、これから夕食準備なんてとてもやってられないため、そのまま居酒屋に流れて飲み(゚-,゚)
久々に日本酒飲んだもんで、今日はちょっと体調すっきりしない1日になってしまいました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

1月の読書メーター

イチオシはやっぱり新米女神10ですね。
あとは、コミックですが、いつでもお天気気分3,4が読めたのが個人的には大きかったです。



1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2081ページ

ZOO 2 (集英社文庫)ZOO 2 (集英社文庫)
1にも増して緩急激しい1冊でした。「冷たい森の白い家」は、読んでいると童話のような雰囲気に感じるのですが、絵的にはかなりホラーですね。「血液を探せ!」はブラックですが楽しかったし、「落ちる飛行機の中で」はおどけた調子のままは終わらせなかったところが凄いです。やっぱりイチオシは「神の言葉」かな。サイコホラーというべきか。「むかし夕日の公園で」はすごく短く地味めですが、インパクトは大きかったです。シチュエーション的にはかなり恐い。「Closet」はいまいち・・・。
読了日:01月31日 著者:乙一

理系の人々 2理系の人々 2
仕事絡みが多かったせいか、シャレになってねー!(笑)ってネタが多かった(^^; あるある感は1巻の方が上かも。トイペホルダーは私もものすごく感心しました!(笑)
読了日:01月30日 著者:よしたに

理系の人々理系の人々
前から気にはなってたんですが、とうとう購入・・・。あるある半分、んー?半分という感じでしたが、結構ツボな内容多し(笑) 工学系ネタはかなり笑った。心当たりありすぎ(^^;
読了日:01月30日 著者:よしたに

ソード・ワールド2.0リプレイ  新米女神の勇者たち(10) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち(10) (富士見ドラゴン・ブック)
とうとう10巻の大台。でも、そろそろ終劇に向けてまとめてきてる感じがちょっと悲しい。とうとうシフェナとの因縁も一段落、いよいよラスボスの影が見えてきました。某英雄との対峙も果たせたし、なかなかのボリューム感でした。でも・・・なぜソラが復帰しないんだぁ(笑) 次巻に期待したいところ。
読了日:01月25日 著者:秋田 みやび,グループSNE

傾物語 (講談社BOX)傾物語 (講談社BOX)
タイトルの意味にたどり着く時にはすっかり馴染んじゃいましたが、八九寺トークファンには残念な1冊かも(笑) 今回はガッツリSF入ってますが、これはこれでアリかな。しっかし、キョンシーって・・・ちょっと無理矢理すぎかも(^^; とりあえず、八九寺好きも安心な内容だったと思います。出番は少なめでしたが。それよりも、このシリーズの根幹である阿良々木&忍の深さを味わえた方が大きかったと感じます。忍になれなかった方、あまりにも哀れでちょっと泣けました。ね、パラレ木さん(笑)
読了日:01月23日 著者:西尾 維新

あんじゅう―三島屋変調百物語事続あんじゅう―三島屋変調百物語事続
久々のハードカバーだったので思ったより時間がかかってしまいました。百物語という意味では前作「おそろし」の方がらしかったかなと思います。こちらは妖かしの上に人の想い(恨みつらみ等々)が乗っかっている話が多く、読んでる間が鬱々としてしまいがち。オチが綺麗なのでいいのですが。表題の「暗獣」は過去の話が悲しくも面白くて一番良かったです。他は人の想いが強すぎて読み足が滞りがちに。一応、これで完結かな。これ以上続くと、おちか自信の生活にも大きな変化が出てくるでしょうし、ちょうど良い塩梅なのかもしれません。
読了日:01月15日 著者:宮部 みゆき

いつでもお天気気分 4 (花とゆめCOMICS)いつでもお天気気分 4 (花とゆめCOMICS)
あれ・・・最終巻じゃない。これって続巻してくれるのかな。ここで切れたら半端だなぁ。さてさて、最後の進之介&御堂の話もかなり良かったんだけど、やっぱりこの巻は知念&坂上しかないよねぇ!なにこれ、良すぎる(笑) 秀ちゃんの話も嫌いじゃないんだけど、なぜか影が薄い・・・(^^;
読了日:01月12日 著者:羅川 真里茂

いつでもお天気気分 3 (花とゆめCOMICS)いつでもお天気気分 3 (花とゆめCOMICS)
4巻発売してるのを見て3巻出てたのを知った。6年も前に・・・(^^; 赤馬とタマちゃんには絶対こういうエピソードありそうと思ったら、やっぱりありましたね。Side分けてるのは個人的に好み。ここに来て麗子がモヤモヤというのも良いデスネ。でも、やっぱりイチオシは#6 ガラスの姿です。綺麗にモトサヤにしなかったのも良いし、進之介には御堂お似合いだと思う。うん、イイネ。ああ~、なぜもっと早く出てた事に気づかなかったんだろう!(笑)
読了日:01月12日 著者:羅川 真里茂

ラディカル・ホスピタル(20) (まんがタイムコミックス)ラディカル・ホスピタル(20) (まんがタイムコミックス)
もう20巻ですか・・・。ハロウィンのおこちゃまネタは良いですね。地デジ化でコッソリ贔屓の都築君大活躍で嬉しい。パジャマのおそろいの回と、昇進の回が結構好き。
読了日:01月10日 著者:ひらの あゆ

フーシギくんとおばけのムーラちゃん(トクマコミックス)フーシギくんとおばけのムーラちゃん(トクマコミックス)
ゲゲゲブームでまさかのコミック化。懐かしいなぁ。作品としては正直ビミョウですが(^^; ムーラちゃんはリアルタイムで連載読んでました(笑) 水神とチョンチョニィ、カルマが好き。
読了日:01月10日 著者:水木 しげる


読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »