« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の3件の記事

2011年1月30日 (日)

ノートPC買い替え

先週の木曜日の1/27、突然、愛用していたHP社のNetbook(HP mini 1000)が起動できなくなりましたΣ(゚Д゚;;;)
恐らくHDDがダメになったっぽい感じだったんですが、リカバリもできず。
修理しようか悩んだんですが、性能的にもちょっと不満あったんで(解像度が1024x600とか)、値段によっては新しいのを買う事にしました。

で、仙台ヨドバシで、春モデル登場による冬モデルの在庫処分やってたもんで、TOSHIBAのN510にしてしまいました。
基本的に嫁さんのネット閲覧&Office用なので、本人が良いのであれば特にメーカーにこだわりません(笑)

→ ネットノート dynabook N510

前のPCで不満だった解像度が、1366x768になった事が一番嬉しいです(笑)


さて、N510はWindows7なのですが、はじめに32ビット版と64ビット版をどちらにするか選択できます。
仕様用途が用途だけに、特に64ビットにする必要はないかなと思い、32ビット版を選んだんですが・・・なんと、リカバリから始まりやがる(^^;;
結局、なんだかんだで設定終わるまで3時間くらいかかってしました。(マニュアルにも2~2.5時間くらいかかると書かれていました)

とりあえず初期設定と、いろいろいらないやつ消したりとかまではして、今は嫁がマニュアル見ながら格闘しています(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

12月の読書メーター

なんだかんだで、あまり冊数読めなかった。「年末は忙しい」を改めて確認できた感じ。
宮部みゆきの時代物は初でしたが、思ったより良かった。



12月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1726ページ

ZOO 1 (集英社文庫)ZOO 1 (集英社文庫)
映像化してたんですね、知らなかった。陽だまりの詩は他の4作と違い、静かな雰囲気で好みでした。カザリとヨーコは荻原浩の「押入れのちよ」の作品群と雰囲気が似ている印象。インパクトはSEVEN ROOMSがダントツでしょうか。スプラッターな内容ですが、ホラーとしても秀逸かな。SO-farは親がバカすぎという感想(笑) ZOOは・・・。微妙ではありますが、オチは星新一を彷彿とさせられます。全体として、2巻目も楽しみに読ませていただけそうな作品集です。
読了日:12月29日 著者:乙一

おそろし (新人物ノベルス)おそろし (新人物ノベルス)
凶宅以外は、人の思いのすれ違いというか、悲しい話でした。おちかが徐々に変わっていく姿と、周囲の人が暖かく支えているのが微笑ましい。それが逆に各話の怖さを引き立てているというか。1話だけ、中途半端に終わったなぁと思ってたら、最後の最後に綺麗にまとめあげてくれたのはさすがだと思います。これ、続編が出てるんですよね。この終わり方でどう次に繋げてあるのか気になる~。読まねば。
読了日:12月23日 著者:宮部 みゆき

あやし (角川文庫)あやし (角川文庫)
短編集だったので読みやすかったです。因果応報な話が多かった気がしますが、怪談的に恐い話もいくつか。「女の首」、「安達家の鬼」が良かった。あと、「灰神楽」、「蜆塚」は最近流行りの理不尽な恐さというか、正体不明なところが恐いですね。「影牢」は読みにくかったですが、悲しくも恐い話でした。宮部みゆきの時代物は避けてたんですが、なかなか良かったかも。食わず嫌いはだめですね。
読了日:12月13日 著者:宮部 みゆき

宇宙戦争 (まんがで読破)宇宙戦争 (まんがで読破)
牧師の描かれ方が良い。嫌悪感抜群(笑) 原作がそうなんで仕方ないんですが、まんがで読むとオチがかなり唐突すぎて拍子抜けする。これは比重の置く位置の問題かも。
読了日:12月12日 著者:H.G. ウェルズ,バラエティアートワークス

西遊記 (まんがで読破)西遊記 (まんがで読破)
エピソードの選択が微妙。どの辺に重点をおきたかったのかな。つまらない訳でもなく、ある程度西遊記を知ってから読むとそれなりに面白い気もするのですが、これを入門編とするのは逆に敬遠されてしまうんじゃなかろうか。
読了日:12月12日 著者:バラエティアートワークス

ひなちゃんの日常9 (産経コミック)ひなちゃんの日常9 (産経コミック)
マサオくんとお母さんがすごく好き。すがすがしい親子だ。ひなちゃんは良い子だねぇ。いまどきこんな素直な子、実在するんだろうかと思ってしまう(笑)
読了日:12月11日 著者:南ひろこ

チップとデール DVD BOX (DVD付)チップとデール DVD BOX (DVD付)
これ、本じゃないけど、本屋さんで売ってたので(^^; いたずらリス2匹という話が多いけど、ドナルドが意地悪という話も結構あって驚いた。最初は仲良しな話が多いんだけど、だんだんケンカする頻度が上がってるのは良いのか悪いのか・・・。吹き替えの声はなかなか合ってたと思う。
読了日:12月09日 著者:

ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)
下巻はゲームの中でもほとんど触れられていない霧の城の過去の話が宮部節で書かれていて、読み物としてしっかり面白いと思います。終結に向けた盛り上がりもあってぐいぐい読み進められました。やっぱりICOやりたくなるなぁ。ラストは多くを語るより綺麗な終わり方だと思います。実はゲームでは・・・。ハードカバーやノベルは1冊だったんですが、この上下巻分冊は読みやすかったですし、ちょうどいいところで切れてるのも良かったと思います。
読了日:12月06日 著者:宮部 みゆき


読書メーター

Matome_gimage_16309_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

あけましたおめでとうございます

もうすっかり明けてしまってますが、おめでとうございます(^^;
今年もよろしくお願いします。

年末年始のお休みは、12/30~1/4だったんですが、ほぼ温泉三昧でした。
秋保温泉と鳴子温泉でゆったりした後、実家に帰って田舎の友人らと飲んで終了な感じです。

ゆったりしたつもりだったんですが、なんだかんだで疲れました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »