« 10月の読書メーター | トップページ | 横浜到着 »

2009年11月 2日 (月)

【Book】僕たちの旅の話をしよう

51xobbapq1l__sx230_僕たちの旅の話をしよう (MF文庫ダ・ヴィンチ) 小路幸也
志村貴子イラストの表紙に惹かれて買ったのですが、思った以上に面白かったです。
いろんな形で両親に振り回される4人の子供達の、小さいながらも大きな戦いのお話。
戦いというのはちょっと大袈裟かもしれませんが。

どんなに遠くの物も見える目を持つ健一、どんな匂いもかぎわける鼻を持つ麻里安、あらゆる音を拾える耳を持つ隼人が、偶然拾った風船についた手紙をもとに、送り主である少女・舞に会いに行こうとがんばるお話です。

文庫の形になっていますが、良い意味で児童書然とした物語になっています。
4人の子供達の思いはしっかり描いた上で余計な事は大きく割愛しているため、「ああ、ここできっとこんな事があったんだろうな」など、あちこちで創造させられ、場面を思い描きながら読み進められます。

最後の最後、一番重要であるはずの3人と舞との出会いと、4人で過ごす夏休みのシーンもバッサリと切られています。
ここまでの物語をもとに、読者は自分が思い描く楽しい4人の夏休みを創造する事ができるのです。
これはすごいと思いました。

ある意味で一番大変な出来事に巻き込まれた健一が、この夏休みを通してどのように両親と向かい合ったのか、私はそれが一番気になります。
きっとがんばったんだろうな、という事は間違いないでしょうね。

|

« 10月の読書メーター | トップページ | 横浜到着 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/46654752

この記事へのトラックバック一覧です: 【Book】僕たちの旅の話をしよう:

« 10月の読書メーター | トップページ | 横浜到着 »