« 携帯できる電気スタンド | トップページ | 化物語 »

2009年10月 1日 (木)

9月の読書メーター

いやはや、DQ9のせいでほとんど読んでないです(笑)
一応一段落着いたと思うので、少しずつペースを戻していきたいところです。



9月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1060ページ

シュレディンガーの妻は元気か 2 (バンブー・コミックス)シュレディンガーの妻は元気か 2 (バンブー・コミックス)
なんだか妻・ちかが達観してきたというか、結構夫・修平の奇行を流すようになりました。その代わり、周囲の人たちがうるさくなったような(笑) ノロケネタ(自覚なし)とか、1巻に増して良い感じになったと思います。書き下ろしは二人の馴れ初め編。もうちょっと修平も盛り上がって良いような気も(笑)
読了日:09月29日 著者:中島 沙帆子

シュレディンガーの妻は元気か (1) (バンブー・コミックス)シュレディンガーの妻は元気か (1) (バンブー・コミックス)
再読。この方の作風はちょっとくどい感じなんですが、なんだかそこがツボと言うか、波長が合う気がします。夫・修平の奇行をネタにしているものの、妻・ちかもわがままだったりして、結構似合いの二人かななんて。書き下ろしは電脳やおい少女とのコラボで、あちらの作品も再読したくなります。
読了日:09月29日 著者:中島 沙帆子

サマーウォーズ (角川文庫 い)サマーウォーズ (角川文庫 い)
これは確かに映画を見た人こそ読むべき1冊だと思いました。恐らく小説だけだと活字で表現されているOzワールドはイメージしにくいでしょうし、登場人物が多いため名前だけだとかなり混乱しそうな気がします。ところが、映画を見てからだと映像で得たイメージに活字の補足が上乗せされ、かなり良い感じに補完されます。ただ、やはり映画と小説で差異があるので、映画のイメージを大事にしたいという人には強くお薦めできないような気もしています。
読了日:09月24日 著者:岩井 恭平

オチつく家族 (akita essay collection)オチつく家族 (akita essay collection)
このエッセイマンガは最高です。ちゃんとコミックになってよかった。第二子あいちゃんの活躍が少ないので、続巻しないかな・・・無理かな。
読了日:09月22日 著者:重野 なおき,藤島 じゅん

かわいいころを過ぎたら アン18歳 ~『ママはぽよぽよザウルスがお好き』 アンの思春期ルポ~かわいいころを過ぎたら アン18歳 ~『ママはぽよぽよザウルスがお好き』 アンの思春期ルポ~
ぽよぽよザウルス読者なら必読。アンは当時から気の強い子でしたが、かなり波乱万丈な青春時代を過ごしています。最後の卒業式はやっぱりウルッときてしまいました。
読了日:09月21日 著者:青沼貴子

かわいいころを過ぎたらかわいいころを過ぎたら
再読。ぽよぽよザウルス読者なら必読でしょう。アンと比べると普通に育ってくれてますが、ちゃんと優しい面が見え隠れするのが嬉しいです。
読了日:09月21日 著者:青沼貴子

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
終盤、具体的には「大破局」のところで、思わず「はあっ!?」と声を上げてしまうところでした。これは読んでもらわないとわからないかもしれませんが、ほんと声出てしまいますって(笑) 思い込みって恐ろしい・・・。真相を知ってから、もう1回は読んでみたくなりますね。ご都合な部分もあるし、主人公が嫌いなタイプだったにも関わらず、読後感としては結構良かったです。ただ、正直裏切られた感が無いでもない(笑)
読了日:09月04日 著者:歌野 晶午

読書メーター

Matome_gimage_16309_1

|

« 携帯できる電気スタンド | トップページ | 化物語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自分メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/46359410

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の読書メーター:

« 携帯できる電気スタンド | トップページ | 化物語 »