« リラックマ・ミニノート | トップページ | 【Book】きつねのはなし »

2009年8月 5日 (水)

【映画】サマーウォーズ

時をかける少女」の細田守監督という事で、映画館で予告パンフもらってから、公開されたら見に行こう見に行こうとずっと思ってました。

仮想世界OZというのがまずあって、この世界は、パンフレットから引用するとmixiなどのSNS、Wiiのコンセプト、セカンドライフの仮想世界、この3つの技術から発想された仮想世界になります。
何がすごいって、全世界の老若男女問わず、ほぼすべての人が利用している仮想世界で、しかも現実との密接性がインターネットとは比べ物にならない点。
1人1アカウントを持っていて、それぞれアバターを設定している。そして、そのアカウントはニヤリイコール個人そのものと言える程の情報を持っていて、OZを経由して自分の持つ権限の範囲で行動できます。
例えば、警察官なら警視庁のシステムに自分の権限の範囲でアクセスできるし、大統領ならさらなる重要なシステムにアクセスできるってことです。
ここがポイント。


この作品として、大きく2つの事について描かれていて、1つが上記OZで発生したトラブルに巻き込まれたこと、そしてもう1つが大家族との触れあいのこと。
これがまた、絶妙なバランスでミックスされてるんですよ。

いろいろ語りすぎるとネタバレになっちゃうんで割愛しますが、ケンジはかなり自身過小の内気な男の子ではありますが、実際にはかなりすごいです(笑)
暗算のシーンがかなりインパクト強かったですね。


ちょっと思い付くままコメント。

キングカズマかっこいいよ!
ケンジの正規アバターは某ネズミに似てたから…?
悪気は無いと思うのに、なんであいつは余計な事しかしないんだ(笑)
最終形態のラブマシーンのザワザワ度合いはブレイブストーリーを超えたっ(笑)

まぁ、結果的には王道ですので(笑)

|

« リラックマ・ミニノート | トップページ | 【Book】きつねのはなし »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/45845301

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】サマーウォーズ:

« リラックマ・ミニノート | トップページ | 【Book】きつねのはなし »