« 【Book】犬ですが、ちょっと一言 | トップページ | アクアマリン福島 »

2009年7月30日 (木)

【Book】偶然の祝福

41z5tftxjkl__sx230_偶然の祝福 (角川文庫) 小川洋子
タイトルとイラストに惹かれて購入したのですが、内容的にはイラストや背表紙のあらすじから想像していた物とはかなり違っていました。

物静かな、そして物悲しい物語が7編収録されています。

7編それぞれがどこかで繋がっているのですが、時系列がバラバラに収録されているため、最初はちょっと混乱しました。
でも、それぞれ個別の話としても十分読める内容になっているので、前の話からの続きと考えなければ問題なくなりました。

主人公・私の精神的な部分での表現が多いため少しわかりにくい箇所もありますが、程度の差こそあれ誰でもこういう部分ってあるんじゃないかなと感じさせられます。
これは読んでもらった方がわかりやすい気がします。

ほとんどが「私」の周囲で起こった不幸と思える出来事を綴ってあるため、読んでいる時はちょっと辛かったです。
ところが、なぜか最後にはそれを払拭させるまとまり方になっているのがすごい。何かが解決するとか、良い方向に向かうとか、そういう事は無いのに。

この本を読まれた方の多くは、キリコさんの話が良かったと感想をもたれています。私も同じです。
でも、やっぱり最後の「蘇生」がいろんな意味で一番印象に残る話だったと思います。
最後の最後に、素直に「良かった」と感じました。

|

« 【Book】犬ですが、ちょっと一言 | トップページ | アクアマリン福島 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/45785833

この記事へのトラックバック一覧です: 【Book】偶然の祝福:

« 【Book】犬ですが、ちょっと一言 | トップページ | アクアマリン福島 »