« 5月の読書メーター | トップページ | 【Book】砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない »

2009年6月 4日 (木)

【Book】みのりちゃんの実験室 世界征服のすゝめ

51meuaw6rwl__sl500_aa240_みのりちゃんの実験室 世界征服のすゝめ (朝日ノベルズ) 火浦功
1980年代にみのりちゃんシリーズとしてハヤカワ文庫から出版されていたものをまとめて、加筆修正と書き下ろし1話を加えた再刊本です。
「火浦功の初期代表作が22年ぶりに大復活!!」とか銘打たれてましたが、私はこの著者を知らなかったので初読になります。

一応近未来SF物かと思うんですが、この作品は完全にギャグですね。しかもノリが軽いので、SF部分に期待しているとかなり肩透かしを食らうと思います。
個人的な印象としては、あさりよしとおのギャグ系SF、竹本泉の未来物、大友朗の日の丸くんをミックスしたような感じ(笑)

とにかく、みのりちゃんの発明は「そういうもの」として出来上がるので、詳細な説明や解説はなし。そういうものだとかコツがあるとかで終わりなので、そこをサラッと読み流せないといまいちですね…。
しかも、チャンチャンで終わる話が多いので、「これはギャグマンガの活字版なんだ」と割り切って読まないとつらいかも。

正直、読み始めちゃったから最後まで読みましたという感じで、収録されていたどれか1話でもどこかで読んでいたら手を出さなかったような気がします。
マンガなら全然印象変わったのに…という印象。
これは活字に対する私個人の嗜好の問題なので、内容的につまらなかったという訳ではありません。
ぶっちゃけて言えば竹本泉作品も同じような匂いがしますけど、あちらは大好きですし(笑)

マイティ・マサコは良かったですね。こういうキャラ好きです(笑)
でも、書き下ろしにも登場したのに、ほとんど出番が無いまま終了。
しかも、いつのまにか目的達成し終わってるし!そこが重要な部分のはずなのに!
不満だ…(;´Д`)

|

« 5月の読書メーター | トップページ | 【Book】砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/45235040

この記事へのトラックバック一覧です: 【Book】みのりちゃんの実験室 世界征服のすゝめ:

« 5月の読書メーター | トップページ | 【Book】砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない »