« いまごろ!? | トップページ | 合唱 »

2009年5月 1日 (金)

【映画】レッドクリフ

やっとPart.2も見ました。感想はPart.1と合わせて。

三国志の大きな山場である「赤壁の戦い」をテーマにしているため、正直言えば三国志を知らない人が見た時にどういう感想を持つのか知りたいところです。
いきなり曹操が権力を持ったところから始まるし、劉備や孫権の関係も詳しい説明がないので混乱しそうな感じはします。
ただ、アクションは派手で見せ場も多いので、単純に映画として見ても面白いとは思います。

基本的に三国志演義をベースにしているものの、この映画の主人公はあくまで周瑜になっているので、呉を中心に物語がまとめてあります。
そのため、周瑜が孔明に振り回されたりするシーンは軒並み変えられています。
日本では劉備を主役においた演義が主流のため、ある程度知識のある人だとちょっと違和感を感じるかも。

結局、孔明の活躍の場は大きく減り、本当は重要な意味のあった黄蓋の苦肉の策が無くなってたりと、個人的に残念だった部分も正直あります。
Part.1の時に、なぜ甘寧をオリジナルキャラに置き換えてしまったのかと悩んだんですが、レッドクリフのオリジナルのシーンを描くためだったんですね。これはPart.2を見て納得できました。

細かい部分ではいろいろ想いはありますが、全体として満足できました。面白かったです。
孔明の10万本の矢のエピソードがしっかり描かれていたのと、横山三国志であまりにも愚鈍に描かれていた魯粛もしっかり活躍してくれてたのが個人的にポイント高いです(笑)

ただ、非常に残念だったのが、ラストがあまりにもあっさりと終わってしまったこと。
せめて最後に、この後の三国がどのように動く事になるとか、ちょっとしたテロップがあるだけでもかなり印象変わったと思うんですが…残念です。

DVDに未公開エンディングみたいにオマケでもいいから収録されないかな。

|

« いまごろ!? | トップページ | 合唱 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/44857870

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】レッドクリフ:

« いまごろ!? | トップページ | 合唱 »