« 【Book】新米女神の勇者たち(5) | トップページ | 【Book】氷菓 »

2009年5月24日 (日)

アタゴオル猫の目時計

アタゴオル物語の作者・ますむらひろし氏の出身地である山形県米沢市では、市営バスや市立図書館の移動図書館バスの車体にアタゴオルのイラストが描かれていたり、アタゴオルの壁画があったりします。
市営バスは結構な本数が巡回してるのでよく見ることができます。

そんな中、今日弟からメールが届いてビックリ。
作中に登場する猫の目時計が実際に設置されていました。
P1000037

これはアタゴオル物語を知らない人には怪しいオブジェにしか見えないですね(^^;
ちゃんと「みゃおおおおおお…」とか鳴いたりするのかな?
桃色三日月の夜に唐あげ丸に壊されない事を祈ります(笑)

場所ですが、中央1丁目、米沢市中央商店街と呼ばれる昔ポポロがあった広場の北側の交差点付近のようです。
市民文化会館のあたりですかね。

|

« 【Book】新米女神の勇者たち(5) | トップページ | 【Book】氷菓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/45113512

この記事へのトラックバック一覧です: アタゴオル猫の目時計:

« 【Book】新米女神の勇者たち(5) | トップページ | 【Book】氷菓 »