« 【Game】トロとおまじない | トップページ | 【Book】ハサミ男 »

2009年5月10日 (日)

【Book】拳と魔封の物語(1)

51gegvja9ol__sl500_aa240_ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語(1) (富士見ドラゴン・ブック) 諸星崇(著),グループSNE(著),北沢慶(監修)
新米女神の勇者たち」、「たのだん」に続く、ソードワールド2.0のリプレイ集です。
タイトルにもあるように、主人公がグラップラーという2.0ならではの職業になったのが良い感じです。

主人公エイベルのPCがまだTRPG初心者、かつ、キャラクターのエイベルも田舎村から出た事が無い世間知らずという設定と相まって、なかなか良いヒロインぶりを披露してくれています。
あと、個人的に非常に好きな、本能直結型グラスランナーを演じてくれているルルックの存在が非常に大きいです(笑)
常に冷静沈着なアンや、常識人(だからこそルルックに振り回されている)カラトは、結構TRPGでは見かけるスタイルかなと思うんですが、ルルックの本能行動やエイベルの素直な反応は、なかなかPCとして演じるのは難しいような気がします。なので、素直にこのリプレイは楽しく読む事ができました。
アンのキャラクター設定はこれまでにない物でしたけどね。

ベネットが「B」で、小さいのが「Z」って…もう彼女しかいないよねぇ。
2巻が待ち遠しいです。

|

« 【Game】トロとおまじない | トップページ | 【Book】ハサミ男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/44963182

この記事へのトラックバック一覧です: 【Book】拳と魔封の物語(1):

« 【Game】トロとおまじない | トップページ | 【Book】ハサミ男 »