« 【Book】愚者のエンドロール | トップページ | Wiiという筐体 »

2009年5月30日 (土)

【Book】クドリャフカの順番

51qzscsdwzl__sx230_クドリャフカの順番 (角川文庫) 米澤穂信
古典部シリーズの3作目です。
クドリャフカというのは、ロケット(人工衛星)に乗せられて初めて地球をまわった犬の名前らしいです。存在は知ってましたが、名前までは知りませんでした。

さて、今作はいよいよ文化祭「カンヤ祭」の話です。
しかも、古典部メンバー4人の視点から見た物語が入れ替わりながら綴られているため、前2作では見れなかった奉太郎以外の3人の想いや考えなどが見れて非常に面白かったです。
伊原がちょっと漫研のトラブル(?)に巻き込まれてしまってかわいそうな感じでしたが、結果的には楽しめたみたいなのでよしとしましょう。

ひょっとして、前作を受けて奉太郎が探偵役に乗り気になるかな?とも思ったんですが、そんな事はありませんでしたね。まぁ、さすがに一朝一夕で変わるような物ではないですか(^^;

あとがきで著者自身が英題である「Welcome to KANYA FESTA!」、カンヤ祭にようこそ!という方が本作に合ってると言われている通り、謎解きを追っかけるよりもカンヤ祭の雰囲気を楽しんで読むのが良いと感じる内容になっていると思います。

個人的に、イベントとしては漫研のバトル(おそらく部長の画策)と、製菓研のカボチャ(イベントか?)が良かったです。カボチャというか、わらしべシステムかな。

「トリック・オア・トリート!」
「いえー」

他では、やっぱり里志と伊原、2人の想いが見れた事でしょうか。この2人は前2作ではなかなかほんとのところが見えにくい性格でしたからね。
千反田はチャットとかでだいだいわかった気がしますし(笑)

あとは、どうしても河内先輩と伊原のバトルは外せないかな。
河内先輩の本心と、その正体。重要ですね。
作中作となる、「夕べには骸に」、「ボディートーク」、それと「クドリャフカの順番」、この3作はほんと読んでみたいですね。実在しないから不可能なのが残念…。


この古典部シリーズは非常に楽しめました。波長があったというか、読んでいてすごい面白かった。
現在のところ、4作目である「遠まわりする雛」まで刊行されていますが、前3作の間を補うオムニバス形式になっているらしいので、文庫化されるまで待ちかな。


|

« 【Book】愚者のエンドロール | トップページ | Wiiという筐体 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/45174430

この記事へのトラックバック一覧です: 【Book】クドリャフカの順番:

« 【Book】愚者のエンドロール | トップページ | Wiiという筐体 »