« 【Book】ハサミ男 | トップページ | スペースが文庫化 »

2009年5月15日 (金)

【Book】チョコレートビースト

51pz1ijuql__sl500_aa240_チョコレートビースト―インディゴの夜 (創元推理文庫) 加藤実秋
渋谷のホストクラブ「club indigo」のホスト探偵団2作目です。
前作のインディゴの夜は夜の街を舞台としていただけあってドロドロした暗い事件だったのですが、今回は前作のテイストを継承したままドロドロ感が無くなったような感じです。
それが物足りないと感じるのか、読みやすい雰囲気になったと感じるのかは、読者によりますかね。

やっぱり、主人公・晶の性格がサッパリしているのと、そんな晶を慕って一生懸命がんばってるホスト達の姿が良い感じに描かれてますね。前作よりその雰囲気が際立ってきてると感じます。

裏金とか出来レースとか、そんな裏社会の犯罪を扱ってるので、推理しながらじっくりというスタイルではなく、人脈と足を使って解決する力技な感じではありますが、そこに晶の熱い部分が重なって結構読ませられます。

続編のホワイトクロウはまだ文庫になっていないので、しばらく待ちになりそうです。

|

« 【Book】ハサミ男 | トップページ | スペースが文庫化 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/45022316

この記事へのトラックバック一覧です: 【Book】チョコレートビースト:

« 【Book】ハサミ男 | トップページ | スペースが文庫化 »