« ミカ×ミカ! | トップページ | とらドラ!10 »

2009年3月12日 (木)

秋期限定栗きんとん事件〈下〉

Kuri_cover_b秋期限定栗きんとん事件〈下〉 (創元推理文庫) 米澤穂信
よしっ!満足です(笑)
上巻で主人公としては影の薄かった小鳩ですが、面目躍如です。
とりあえず、このシリーズを読んできた方なら予想通りだと思いますが、小鳩も小佐内さんも、普通の人とくっついて収まってしまうような器ではありませんよね(笑)

上巻が問題提起編だとすると、やっぱり下巻は解決編となります。
上巻を読んでた時から瓜野が鼻につくと思ってた人は多いと思いますが、実はすでに彼は許されざる行為をしてしまっていたのです。それは最後のオタノシミ。
トロピカルパフェ事件でいろいろ考えた末にああいう結果になったものの、離れていたからこそ見えてくる事もある訳で、個人的に大満足の結末となってくれました。良かった("▽"*)

犯人はなんとなくバレバレですよね。
重要なのは、小佐内さんの謎な行動の理由と、小鳩の推測した内容。そして、結果。
上で触れたように、瓜野は許されない事をしてしまっているので、もちろん…(笑)

思いがけず栗きんとん事件で1年という長い期間を使ってしまったため、小鳩&小川内コンビの残された高校生活は残すところ6ヶ月となってしまいました。
冬期はこの6ヶ月の話になるのか、それとも卒業後までひっぱるのか、期待半分、不安半分という感じですね。

|

« ミカ×ミカ! | トップページ | とらドラ!10 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/44325303

この記事へのトラックバック一覧です: 秋期限定栗きんとん事件〈下〉:

« ミカ×ミカ! | トップページ | とらドラ!10 »