« 新米女神の勇者たち(4) | トップページ | たのだん(2) »

2009年3月23日 (月)

たのだん(1)

51zbxalev7l__sl500_aa240_ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん(1) (富士見ドラゴン・ブック) グループSNE, 藤澤 さなえ
これまでのグループSNEのリプレイはGM=執筆者というのが当たり前だったんですが、このたのだんはプレイヤーが執筆者になっているため、ちょっと視点が新鮮です。

この前に読んでた新米女神の勇者たちも例に漏れずGM秋田みやび氏が「どんな展開にしようかな」と悩んでる部分があったので、なんとなくストーリー展開がわかりやすい印象がありました。
ところが、たのだんはGMの意図を知らないプレイヤー視点のため、手探り状態な雰囲気が多いんですよね。まぁ、まだ始めたばかりでパーティみんなが馴染めてないというのもあると思いますが。

いきなり1巻の最後がセッション失敗という状態に。これは明らかにプレイヤー側の油断だったので、どう巻き返すのかが気になるところです。

さて、1巻の表紙は初心者プレイヤー・ヒヨコ君のキャラ「チロル」、なんとドワーフ♀です。
なんとSW2.0では、まるでリネージュIIのように、ドワーフ♀はかわいらしい外見をしてるという設定なんですね。これは…(笑)

|

« 新米女神の勇者たち(4) | トップページ | たのだん(2) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/44444524

この記事へのトラックバック一覧です: たのだん(1):

« 新米女神の勇者たち(4) | トップページ | たのだん(2) »