« 今日のトロステ | トップページ | 西伊豆旅行 »

2009年2月26日 (木)

UFOの捕まえ方

UFOの捕まえ方―天才・龍之介がゆく! (ノン・ノベル) 柄刀一
今作は表題の「UFOの捕まえ方」だけで、すでにノベル1冊分くらいの分量があって、かなりボリュームありました。
分厚くて読んでる時にちょっと持ちにくかった(笑)

「サイト門(ゲート)のひらき方」、「身代金の奪い方」、「UFOの捕まえ方」、「見えない共犯者の作り方」の4話収録されています。

個人的には「身代金の奪い方」が一番面白かったです。
散々振り回されっぱなしの挙句、まんまと身代金が奪われてしまうのですが、そこまでの過程も面白かったし、犯人の本当の狙いも予想外な展開でした。
でも、そんなにひねってはいないので、解答編前にピンッとくる感じも良かったですね。

表題の「UFOの捕まえ方」はかなりのボリュームでしたが、結構面白く読めたので苦にはなりませんでした。
UFO関係のウンチク部分は正直あまり興味が無いのでサラサラ流してしまいましたが、UFOの正体や殺人事件の真相についてはこれまでの話の中でもかなり突飛な印象で面白かったです。
ただし、まったくの絵空事という訳ではなく、1997年にアリゾナ州で実際に起こった出来事をベースにしているとの事で、なかなか興味深い内容にはなっています。

サイト門は個人的にはイマイチかな。なんとなく無理矢理な印象が拭えない。

共犯者については、解答偏がかなり面白かったんですが、最後がどうもすっきりした終わり方で無かったのが非常に残念。
欲張りすぎなのかもしれませんけど、ある程度締めの展開が欲しかったかな。


さーて、次は何読もうかな。
館シリーズか、単作で買ってある中から選ぶか…。悩ましいです。

|

« 今日のトロステ | トップページ | 西伊豆旅行 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/44184331

この記事へのトラックバック一覧です: UFOの捕まえ方:

« 今日のトロステ | トップページ | 西伊豆旅行 »