« とらドラ!3 | トップページ | 糸井重里のキャベツ鍋 »

2009年2月 7日 (土)

とらドラ!4、クロジとマーブル2

とらドラ! 4 (4) (電撃文庫 た 20-6) 竹宮ゆゆこ
正直、おもしろかったのはおもしろかったけど、全体としてまるまる1巻次への布石という印象でした。
定番グループと化した、竜児、大河、みのりん、北村、亜美の5人組での夏休みということで、主人公2人以外の性格も徐々に露呈してまいりました。

序盤から後半手前までにかけて、ひたすらみのりんを恐がらせよう大会モードだったんですが、なんか読んでて鬱々と…。
描写的に、みのりんが夏休みの別荘旅行を満喫しようぜ!ってノリなのに、とらドラコンビの悪巧みでかわいそうな事に…ってな展開で、純粋にみのりんかわいそうすぎるとか思ってしまいました(つД`)
まぁ、結果的にはそれはそれでOKとなりましたが。

で、やっぱり、竜児を取り巻く女性陣・大河、みのりん、亜美の3人の揺れ動きが今巻の主題で、それらが今後どのように影響してくるのか非常に気になる訳デスヨ?

3巻、4巻と、前半から中盤にかけて、読んでてちょっとテンション下がる感じだったもんで、少しモチベーションががが。
ただ、あちこちの書評を信じるなら1巻~4巻は5巻のための序章にすぎないらしいので、やっぱり5巻が楽しみですね。
カバー折り返しのあらすじも気になる内容だったし、ドキドキだねっ。


クロジとマーブル 2 (2) (バンブー・コミックス) 富永ゆかり
今回も猫好きまったりな雰囲気でした。
富永さんの作品は基本がドタバタコメディで、唯一この作品だけが異色なんですよね。私はこっちの方が好きですけど(´ー`)
マーブルの「うへぇ~~」がクセになる(笑)

|

« とらドラ!3 | トップページ | 糸井重里のキャベツ鍋 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/43980853

この記事へのトラックバック一覧です: とらドラ!4、クロジとマーブル2:

« とらドラ!3 | トップページ | 糸井重里のキャベツ鍋 »