« 星は歌う4,ななつのこものがたり | トップページ | 今読んでるもの »

2009年1月21日 (水)

ななつのこ,魔法飛行,スペース

正確には1作目、2作目は今日読んだ訳じゃないんですが、一応こういうスタイルで(笑)


ななつのこ (創元推理文庫) 加納朋子
駒ちゃんシリーズ1作目。
表題と同じ作中作「ななつのこ」に収録されている7つの物語に関連するように語られる駒子が遭遇した日常の不思議。駒子は、それを「ななつのこ」の作者である佐伯綾乃へファンレターとして綴ります。
この作品は、駒子の語る不思議な事件と、佐伯綾乃から返ってくる、まるで見ていたかのようなに的確な解答を綴った手紙への返事という構成になっています。
そういう意味では、日常の不思議を題材にした推理小説のように思えますが、本作品に対する書評の多くにあるように、これは推理小説ではなく、ある意味加納小説とも言えるジャンルを確立していると感じます。
これは、2作目「魔法飛行」で有栖川有栖が解説で的確に語られているので、ぜひ一読をお薦めします。

私のお薦めは、大きな転機となる「一万二千年後のヴェガ」、そしてすべての解答偏となる「ななつのこ」です。
特にヴェガの方は後々まで大きな意味を持ちますしね。


魔法飛行 (創元推理文庫) 加納朋子
駒ちゃんシリーズの2作目。今回は、駒子の学生生活が中心に語られています。
今回は、3つの物語と、最後に全体を通した1つの物語が収録されています。
家族や短大の友人達など、駒子の私生活が楽しく描かれていて、かなり面白く読む事ができます。
ところが、1話ごとに謎の手紙が挿入されており、それがなにか嫌な予感を感じさせ、次の話を読むことをせっつかれます。というか、気になってどんどん読みたくなります(笑)
そして最後の物語。ちょっとホロッとさせられてしまいました。

本作品では、1つの物語が綺麗に語られましたが、一番重要な駒子の物語はなんとなく中途半端な感じ。
ただ、これは次作で大いに語られる事になるので、ちょっとがまんですね。


スペース (創元クライム・クラブ) 加納朋子
駒ちゃんシリーズの3作目であり、(おそらく)最後の物語。早く文庫化して欲しいです。
本作では2つの話が収録されているのですが、1つは駒子の話、そしてもう1つは1つ目の話の背景にあった物語が、駒子以外の視点で描かれています。
そういう意味で、1つ目が「スペース」、2つ目が「バックスペース」というのも洒落てるじゃないですか(笑)

多くは語られませんが、しかし、大きく動いたであろう事は想像に難くない、そんな内容になっています。
一番驚いたのは「ハヤミ」君の正体。まさかそこに繋がるとは思ってもみなかった。

本著の最後に綴られた「バックスペース」主人公の手紙や、「ななつのこものがたり」に、それとなく触れられている、その後の駒子。
読者それぞれが、幸せになったであろうその姿を思い浮かべて、暖かい読後感を味わっているのかな。そんな風に感じます。


有栖川氏の解説にあったように、私も「ななつのこ」を読んでいて、北村薫の(某氏の言葉を借りるなら)「円紫師匠とわたし」シリーズを思い出しました。
あと、木村紺のコミック「神戸在住」。こちらは私の中での主人公のイメージがなんとなく重なりました。性格はちょっと違うんですけどね。

|

« 星は歌う4,ななつのこものがたり | トップページ | 今読んでるもの »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/43812567

この記事へのトラックバック一覧です: ななつのこ,魔法飛行,スペース:

« 星は歌う4,ななつのこものがたり | トップページ | 今読んでるもの »