« 今読んでるもの | トップページ | 衝動買い »

2009年1月23日 (金)

モノレールねこ

モノレールねこ 加納朋子
短編が8話収録されています。
書籍名にもなっている「モノレールねこ」がライトな感じで面白かったので、ずっとそんなノリなのかと思ったら、2話目以降はウルッとさせるような話になってました。
ヤラレタ。
ちょっと狙いすぎな感の話もありましたが、概ね素直に読むことができました。

個人的に一番良かったのが「モノレールねこ」で、次点が「ポトスの樹」かな。
「ポトスの樹」は、後半要所要所で“死”を暗示させるような表記があってドキドキしましたが、結果として綺麗に終わってて一安心です。

「バルタン最後の日」はちょっと異色で、軽めの文体の割に内容が重くて難しいバランスだったなと感じます。
でも、これは結構なインパクトでした。


一応、買ってあった加納朋子作品はこれで読み終わったので、少しインターバルを置いてから他のも読んでみたいところ。
掌の中の小鳥」あたりが良いかなと考えてます。

|

« 今読んでるもの | トップページ | 衝動買い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/43832455

この記事へのトラックバック一覧です: モノレールねこ:

« 今読んでるもの | トップページ | 衝動買い »