« ここだけのふたり! | トップページ | トラバ »

2009年1月28日 (水)

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 森見登美彦
読み終わりました。
第一章を読んでた時は、どうもなんとなく性に合わないような印象を受けて、評判の割にはイマイチか…?なんて思ったんですが、第二章、第三章と読み進むにつれ、どんどん面白くなっていきました。
これってすごい。
第二章から愕然と面白さが増します。

主人公である「先輩」と、その想い人である「黒髪の乙女」が、どちらも一人称「私」でそれぞれの状況を交互に短く綴るという形式で書かれており、最初はちょっと戸惑いました。
ですが、読んでいくうちにそれぞれのクセが掴めてきて、割とすんなり読むことができると思います。

個人的には第二章の古本市と、第三章の学園祭が面白かったですね。かなり良かった。
わざと古臭い文体で書かれていますが、さほど気にならないですし、それが味と感じられるライトさがあります。

要所要所にちょっとした面白いフレーズが散りばめられていて、思わずニヤリとしてしまいます(笑)

「先輩」の言葉を借りるなら、この作品は外堀を埋める日々の物語。
「黒髪の乙女」の言葉を借りるなら、なんともオモチロイ一年のお話。

文庫最後に収録されている羽海野チカの解説代わりのイラストがとても良いです。ぜひご覧あれ。


これは奇遇な出会いであり、そして何かの御縁。

|

« ここだけのふたり! | トップページ | トラバ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/43887145

この記事へのトラックバック一覧です: 夜は短し歩けよ乙女:

« ここだけのふたり! | トップページ | トラバ »