« パルス | トップページ | 映画三昧 »

2008年5月24日 (土)

ブラッド

ブラッドブラッド
ヴァンパイア物ですが、内容としてはキルビルとかを彷彿とさせる復讐アクション物という感じです。
この手の話は映画だけに限らず結構多いですね。

新聞記者・セイディーが手がけたカルト集団の記事。その記事の協力者の少女が死体で発見されたことを発端に、記事にしたカルト集団の事件に巻き込まれる。実はそのカルト集団は、本物のヴァンパイア集団だった。
気が付いた時、セイディーは自分自分もヴァンパイアになっている事に気付き、苦悩の末復讐を誓う。

ストーリー的には王道一直線なので単純に楽しめます。
伝説上の吸血鬼のように何度殺しても死ななかったりはしないので、流血シーンが多いだけのアクション映画という雰囲気がありますね。
見せ方も軽いですし。
ラストシーンもオヤクソクだし、残虐シーンを除けば普通に面白い1本だと思います。

ただ、ヴァンパイア=首筋に2本の痕という定番ではないので、この辺を大事にしたい人は、フロストバイトの方が良いかもしれません。
まだ見てないのでちょっと違うかもしれませんが、CM見てる感じだとブラッドよりはヴァンパイアの設定を大事にしてるように思います。
ただ、集団パニック物になってますが。

|

« パルス | トップページ | 映画三昧 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/41304514

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド:

« パルス | トップページ | 映画三昧 »