« パンズ・ラビリンス | トップページ | ブラッド »

2008年5月24日 (土)

パルス

パルスパルス -回路-
後から知ったんですが、これってハリウッドリメイクだったんですね。
オリジナルは邦画の黒沢清監督作品「回路」。こっちを先に見るべきだったかも。

内容としては、なんだか最近ホラー映画で流行ってるような気がするネットワーク物。インターネットとか携帯電話とか、そういう物を媒介にして恐怖が広がってくというやつです。

学生ハッカー・ジョシュがハッキングにより開放してしまったモノ。その後、ジョシュは恋人マティの前で謎の自殺をしてしまう。
マティはその原因を付きとめようと手がかりを探すが…。

結局、開放されたモノが何なのかはわかりません。セリフを借りるなら「幽霊」ということになるんですが。
ストーリー展開もそんなに謎を引っ張る訳でもないので、割とたんたんと進んでしまいちょっと盛り上がりに欠けるかも。モノの描写はすごいんですが。

ラストは古典SFによくあるパターンで、これで終わらせるんだ…という感じだったし、いまひとつな感じが拭えません。
やっぱりオリジナルの方を見てみたいなぁ。

|

« パンズ・ラビリンス | トップページ | ブラッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/41304328

この記事へのトラックバック一覧です: パルス:

« パンズ・ラビリンス | トップページ | ブラッド »