« 声の網 | トップページ | きまぐれロボット »

2007年10月14日 (日)

ごたごた気流

ごたごた気流ごたごた気流 (角川文庫) 星 新一
こちらは定番のショートショートです。
不条理な話(重なった情景、門のある家)、ちょっと皮肉めいた話(見物の人、追及する男)などなど、収録内容としては満足いくラインナップだと思います。
「なんでもない」、「追跡」あたりは結構ブラックです。嫌いじゃないけど、オチとしては弱いかも。
「条件」はなんとなく落語を思い起こさせる感じです。
「品種改良」は結構好きかも(笑)

ただ、納得のいかない終わり方の作品もあって、ちょっと不満。表題の「ごたごた気流」もそれで、なんだかスッキリしない終わり方なんですよね。
え、こんな終わりなの?という感じです。
あと、「まわれ右」はオチが理解できませんでした。なにかの皮肉なのかな?と悩んでみたものの、さっぱりわからない・・・。
だれか教えてください(ぉぃ)

個人的には、いまひとつかなぁ。
中庸な印象の作品が多いように感じます。

|

« 声の網 | トップページ | きまぐれロボット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/16761632

この記事へのトラックバック一覧です: ごたごた気流:

« 声の網 | トップページ | きまぐれロボット »