« WATARIDORI | トップページ | 痩せゆく男 »

2007年9月 1日 (土)

妖怪大戦争

妖怪大戦争妖怪大戦争
神木隆之介君が主役を張って話題になった新版の方です。
水木しげる、京極夏彦、荒俣宏、宮部みゆきという大御所で構成したプロデュースチーム「怪」が手がけたということで結構期待してたんですが、正直、何を見せたかったんだろう?というのが見終わった時の感想でした(^^;

帝都大戦の魔人加藤が出てきたり、なかなかそそる演出もあるものの、麒麟送子に選ばれたタダシの活躍はほとんど無いし、何を中心にまとめたかったのかが疑問。

以下、ネタバレ含むので折りたたみ。

タダシが麒麟送子に選ばれて、苦労しつつも剣を手に入れるというのはいいんです。というか、それやってくれないと話進まないでしょうし(^^;
なのに、剣の守護である大天狗がものすごいあっさりとやられてしまう。麒麟と戦ったという力はどこに??
あと、麒麟送子の力を持ってしても魔人加藤にはまったく歯が立たず。ほんと、かすることすらできない。
こんな状況からどうやって退治するんだろ?!とドキドキして見てると、結局あのオチ。なんなんだ?Σ(゚Д゚;;;)
前振りはあったよ。あったけど、そんなんでいいの?と問いたい。問い詰めたい。
麒麟送子の意味まったく無し。

なんだか無理矢理こじつけたようなラストも嫌だったし、いったいなんだったんだろうな・・・?と呆然としてしまいましたよ(´Д`;)
子供向けとは思いつつ、主旨のよくわからない映画でした・・・。

|

« WATARIDORI | トップページ | 痩せゆく男 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/16310661

この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪大戦争:

« WATARIDORI | トップページ | 痩せゆく男 »