« 朝マック | トップページ | クビツリハイスクール »

2007年2月 8日 (木)

クビシメロマンチスト

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 講談社NOVELS 西尾維新
クビシメロマンチスト一応、零崎くんのお披露目ってことになるのかな。クビシメ事件の方には直接的に関わっていませんしね。
でも、いーちゃんとのやり取りは結構面白かったですね。

さてクビシメ事件の方ですが、いーちゃんの日常という感じで、大学の話とかアパートの話とか、クビキリの時とはずいぶん雰囲気が違うなという印象でした。
とにかく、巫女子ちゃんのキャラがすごいですね!(笑)
零崎くんと現場侵入したりがはじまったあたりから徐々にクビキリの時の雰囲気が感じられるようになり、ある程度予想はしてたものの第二の犠牲者が出た時はやっぱりちょっとショック。
この辺からもう読み止められない状態になってしまいました(^^;

しっかし・・・クビキリの時はあんまり痛い表現なかったんですが、クビシメは痛い痛い。いーちゃんが(笑)
想像しただけで背筋が冷たくなりますよ(^^;

思ったより早い段階で犯人の名前がでて、それしか無いような状況だったんだけど、やっぱり「あれ?」という感じで。
その後の零崎くんへの説明を読んでてもなんか妙なひっかかりが残って。
そして。あの終章ですよ。
かなりやられました。
ほんとものすごい愕然としました。あれこそがいーちゃんなんですね。クビキリでもちょっとはそんな雰囲気あったんだけど、あそこまで露骨に書かれるとやっぱり衝撃でした。

今回は何を書いても内容に触れてしまいそうなんで、この辺で折り曲げてしまいましょうかね。

巫女子ちゃんからのアプローチを流してたのは、鈍感とか朴念仁とか、そんな風に表現されてましたけど、あれはいーちゃんの中ではわかってて流してたんですね。その上でクビシメ事件が発生・・・って、これっていーちゃんが関わったからこそ発生してしまったと言えなくもないんですよね。
前半が青春小説みたいなノリで流れてたのがかえって強烈さ、凶悪さを引き立たせていますよね。
こういうのは大好きですけど(笑)

うまく言えないけど、ほんっと終章は衝撃的でしたよ。

クビツリ読んでしまった後での感想になりますが、このクビシメがあるからこそ、潤さんとの絡みとかが生きてくるんでしょうね。クビツリの最後にも補足ありましたけどね。

最後に、ものすごく不満なのが1つ。
「X/Y」の謎、あれはすごく納得できない。
結局はっきりした解説もなかったし、web探しまくってたどり着いた結論もなんだかなという感じだし、すごい不満。
なんか無理矢理っぽく感じちゃいます。

|

« 朝マック | トップページ | クビツリハイスクール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/13836091

この記事へのトラックバック一覧です: クビシメロマンチスト:

« 朝マック | トップページ | クビツリハイスクール »