« クビシメロマンチスト | トップページ | サイコロジカル »

2007年2月 8日 (木)

クビツリハイスクール

クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 講談社NOVELS 西尾維新
クビツリハイスクール前巻のクビシメがすごかったせいかもしれませんが、なんかちょっと物足りない感じ(^^;
登場人物の絶対数が少ないのはクビシメも一緒なんですが、いーちゃん達との関わり方がかなり薄いもんで、どうしても中盤くらいで犯人が浮き上がって見えてしまうんですよね。
子萩ちゃんとか、玉藻ちゃんとか、あの程度の絡みで「実は犯人です」なんて展開になったら、本ぶん投げてしまいますって(笑)

潤さんも活躍してるし、いーちゃんもなかなからしくもなくがんばってますし、読んでる間は結構面白かったですね。
でも。読み終わってみると、なんだか物足りない。うーん。
「首吊り高校」ってのも、なんだか唐突で無理くさく感じちゃうし、番外編?なんて思っちゃった(´Д`;)
面白かったんですけどね。

いーちゃんの本名についてとか、いーちゃんの能力(?)についてとか、いろいろ核心に触れるような内容があったんで、まー、良しかな。

読んでる間はついつい忘れがちだったけど、ほとんどずっと、いーちゃんってば女装してるんですよね(笑)
なんか笑ってしまう(^^;

玖渚が出て来ないのも寂しかったかな~。

|

« クビシメロマンチスト | トップページ | サイコロジカル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/13836245

この記事へのトラックバック一覧です: クビツリハイスクール:

« クビシメロマンチスト | トップページ | サイコロジカル »