« 1/29限定コカ・コーラCM | トップページ | きみとぼくの壊れた世界 »

2007年2月 3日 (土)

化物語(下)

化物語(下) 講談社BOX 西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト)
化物語(下)読み終わりました。久々に一生懸命本読んだ気がする(笑)
ちゃんと上巻のヒロイン達が登場するし、ずっとあやふやに流されてた羽川翼の出会った怪異にも触れられてたし、主人公・阿良々木暦の出会った怪異についても一応触れられてたので不満は無いです。

この化物語は主人公・阿良々木暦のモノロ-グという形で綴られていますが、ヒロインとの掛け合いが抜群に面白く、暦の性格もそこそこライトなので非常に読みやすかったですね。
続けて読んだ「きみとぼくの壊れた世界」も綴りかたは同じなのに、主人公の性格がかなり重かったため、ちょっと読みづらかったんですよね。面白かったんですけど。
先に化物語を読んだのはラッキーだったと思います。「西尾維新の他の作品も読んでみたい」と思わせられましたから。逆だったら少し躊躇してたかも。

さて、雑感など。上巻と同じく、なるべくネタバレになりそうなことは避けてるつもりですが、気にする方はここまでで。

4話目、なでこスネイク。蛇のお話し。
本文中にもありましたが、蛇はイメージが恐いです。然り、この話もちょっと恐い。
今回のヒロインは暦の妹の友人、千石撫子(せんごく なでこ)。他のヒロインズが濃いためにちょっと影が薄く感じてしまいます(^^;
暦のことを「暦お兄ちゃん」と呼んでたり、神原とのことでやきもちめいた態度を取ったり、これは・・・お兄ちゃんキャラを狙ってますね(笑)
この回は撫子の話だし、結構ショッキングな内容でもあるのに、実は神原駿河(かんばる するが)のためにあったのでは?と思わざるを得ないほど、神原が大活躍します。私もこの話を読んで、神原の認識がかなり変わりました(笑)
2話のオチはプラス方向で良いと思いましたが、こちらはマイナス方向で非常に良かった。やっぱり、自分のやったことには責任持ってもらわないとね。
人を呪わば穴二つってね。

5話目、つばさキャット。猫のお話し。
ようやく羽川翼の話。1話から登場してたし、怪異としては戦場ヶ原よりも前に暦が関わって収めてたっぽいのに、ずっとあやふやになってたやつ。その時の話そのものではありませんけどね。
どうやら下巻はヒロインだけに絞った話ではなく、2つ3つ混ぜ込んで構成されているようです。4話目は神原でした。
5話目は暦と各ヒロインたちとの関係について、それと、暦と怪異について。最後の話だけあって、一応暦にも自覚を持ってもらおうということでしょうね。
という訳で、怪異については他の話に比べると大事になってません。・・・ないように思えます。
まー、羽川については薄々そんな雰囲気を感じさせることがあったし、暦くん以外は気づいてたんじゃないかな。読者含む(笑)

上下巻通して非常に楽しく読ませていただきました。
しばらく活字から遠ざかってたんで、リハビリにはピッタリだったかも。なんとなく読書モードに切り替わった気がします。
きみとぼく(略)も読んでしまったんで、次は薦められてた戯言シリーズを読んでみようかな。

|

« 1/29限定コカ・コーラCM | トップページ | きみとぼくの壊れた世界 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/13770654

この記事へのトラックバック一覧です: 化物語(下):

» 化物語(下)/西尾維新 [ラノベ365日]
化物語(下)西尾 維新 VOFAN 講談社 2006-12-04by G-Tools 【阿良々木暦が直面する、完全無欠の委員長・羽川翼が魅せられた「怪異」とは。青春を、「おかしく」するのは「つきもの」だ!西尾維新が全力で放つ青春怪異譚、第2弾】 笑話集か!これは西尾笑話集なんだな!! ..... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 00時00分

« 1/29限定コカ・コーラCM | トップページ | きみとぼくの壊れた世界 »