« 出張 | トップページ | 零崎軋識の人間ノック »

2007年2月25日 (日)

零崎双識の人間試験

零崎双識の人間試験 講談社NOVELS 西尾維新
零崎双識の人間試験戯言シリーズに登場した零崎人織くんの一族である、殺し名第三位の「零崎一賊」のお話し。零崎シリーズって感じでしょうか。
タイトル通り、この本は零崎の長兄である零崎双織が主人公・・・と見せかけて、実は伊織ちゃんが主人公と思われます(笑)

戯言とはまた違った展開になっていて結構面白かったです。
双織の変態加減はちょっと弱いですが(ぉぃ)、伊織がだんだんと変わっていく感じがいいですね。零崎3人そろったところとか、かなりいいです。

第零話に登場した彼が、あれ?これだけ?無関係?と思わせておいて、いきなり・・・ってのも驚きました。ありゃ、なんちゅう布石だって感じ(^^;

零崎シリーズの1冊目だけあって、伊織の変化を追うことで零崎とは何だという分部をまとめてる印象がありますね。
双織にはもっと活躍して欲しい気がするんだけど、伊織ちゃんと交代って感じかな。

時系列的には、京都で人織くんといーちゃんが出会って別れ、一度潤さんと対決した後くらいになりますね。伊織ちゃんも交えた潤さんとの対決分部も読みたかったな。

|

« 出張 | トップページ | 零崎軋識の人間ノック »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/14038514

この記事へのトラックバック一覧です: 零崎双識の人間試験:

« 出張 | トップページ | 零崎軋識の人間ノック »