« 化物語(下) | トップページ | 狩野俊介の記念日 »

2007年2月 3日 (土)

きみとぼくの壊れた世界

きみとぼくの壊れた世界 講談社NOVELS 西尾 維新
きみとぼくの壊れた世界もうだいぶ前に買って積ん読状態だったんですが、化物語の件があり引っ張り出してきて読みました。
内容としては推理小説ってことになるのかな?
ただ・・・大筋として導入~事件~解決と、推理物の構成になってはいるものの、それは実はカモフラージュで、実際には主人公・櫃内様刻(ひつうち さまとき)と各ヒロインとのインモラルな関係を綴った作品だったんじゃないでしょうか。この場合、猥褻な意味ではなく、不道徳なって方が合ってるかな。

主人公のモノローグで構成されていますが、様刻の性格が結構重く、それに輪をかけて病院坂黒猫(びょういんざか くろねこ)の語りがわかりにくくて、読みにくいことこの上ないです(^^;
私個人としては、推理小説としてはあまり面白くありませんでした。でも、推理小説ではないと考えれば、結構面白かったんですよ。
これは説明するのが非常に難しい。読んでいただくしかないかも(^^;
ただ、上でもちょっと触れたように、インモラルな分部が結構ありますので、堅い人にはオススメできません。まー、そういう人がはたして西尾維新作品を読むのか?という疑問はありますが(笑)

で。
事件としては一応の解決をみる訳です。推理小説ですから。
でも、それ以外の部分って実は何も解決の方向へは進んでないような(^^;
それらについてはおいおい様刻が解決していくということなんでしょう。
面白かったんですが、ちょっと不完全燃焼ぎみかも。
ま、あれ以降を語られても野暮ってもんなのかもしれないので、この作品はやっぱりここまで。なんでしょうね。

|

« 化物語(下) | トップページ | 狩野俊介の記念日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/13770723

この記事へのトラックバック一覧です: きみとぼくの壊れた世界:

« 化物語(下) | トップページ | 狩野俊介の記念日 »