« フルーツバスケット 22 | トップページ | 1/29限定コカ・コーラCM »

2007年1月27日 (土)

化物語(上)

化物語(上) 講談社BOX 西尾 維新 (著), VOFAN (イラスト)
化物語(上)久々に活字読んだ気がする(笑)
実はこれが西尾維新作品の初読みだったりします。面白いよとは聞いてたんですが、なんとなくこれまで手を出さずに来てしまいました。
この本は講談社BOXの独特の装丁と、VOFAN氏のイラストで表紙買いしたんだったり(^^;
まー、結論としては買って良かったかなと。いろんな意味で私のツボ突きまくりな1冊でした。

この本全体を一言で言うと、各話のヒロインと主人公・阿良々木暦(あららぎ こよみ)との漫才とも思えるやりとりでしょうか(ぉぃ)
一番面白いのは、やっぱり全編通してのヒロイン(だよね)・戦場ヶ原ひたぎ(せんじょうがはら ひたぎ)ですね。よくもまぁ、あそこまでスバラシイ言動が飛び出すのかと感心します(笑)
次点は上巻2話目のヒロイン・八九寺真宵(はちくじ まよい)でしょうか。絶妙なボケが(笑)
3話目のヒロイン・神原駿河(かんばる するが)は、暦と同じ理由で言動がよく理解できないし、口調もなんとなく・・(^^;
いや、どうでもいいんですけど(笑)
内容としては、阿良々木暦の(文中の言葉を借りると)「怪異」体験記なんですが、まー、妖怪というか妖しというか、そういう類をネタにしたお話しですね。まずツボその1。

個別に簡単な雑感など。ネタバレになるとアレなんで、本筋に触れるところは序盤で出てくる程度に抑えてるつもり。

1話目、ひたぎクラブ。蟹のお話し。
ヒーローとヒロインの馴れ初めのお話しというか、そんな感じ(ぉぃ)
この話は何を置いても戦場ヶ原ひたぎから飛び出すマニアックな単語(笑)
高橋葉介作品のキャラ名出てきた時は正直ビビりましたよΣ(゚Д゚;;;)
ツボその2。
暦の体重がどんな経緯で戻ったのか知りたいところ。

2話目、まよいマイマイ。蝸牛のお話し。
何はともあれ、八九寺真宵。この一言に限ります(笑)
真宵の口調や言動は賞賛に値する。あれは良い物だ。
ツボその3。
ちょっと悲しい話なんですが、オチがイイ!
上巻3話のうち、一番良いオチだったと思う。

3話目、するがモンキー。猿のお話し。
内容的には一番重いし、結構きつい話ではあるんだけど、なんとなく他で緩和されてる感じ。エロ話とか(笑)
ただ、怪異物としてはこの話が私的に一番ツボ。まさか猿の手ネタでくるとは。
古典ホラーですね。知らない人はWikiあたりでどうぞ。
すごい好きなんですよ、猿の手。W.W.ジェイコブズの短編では、皮肉さは残してあるけど悲惨さは回避されてるんですよね。そこが不満だったり。
それこそ高橋葉介氏のネタっぽいですけど、ラストはちゃんとドア開けて対面してくれないとねぇ。
って、化物語とあんまり関係ないですが(^^;

面白かったですよ。次は下巻読まなきゃ。
他の西尾作品を読むかどうかは悩むところ。とりあえず、「きみとぼくの壊れた世界」は買ってあるので、まずはそれを読んでみようかな。

|

« フルーツバスケット 22 | トップページ | 1/29限定コカ・コーラCM »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/13684356

この記事へのトラックバック一覧です: 化物語(上):

» 化物語(上)/西尾維新 [ラノベ365日]
化物語(上)西尾 維新 VOFAN 講談社 2006-11-01by G-Tools 【阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった。あの西尾維新が満を持して放つ、これぞ現代の怪異】 「言葉の暴力って知っ..... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 18時21分

« フルーツバスケット 22 | トップページ | 1/29限定コカ・コーラCM »