« ゲド戦記 | トップページ | 夏休み終わっちゃうヨ! »

2006年8月19日 (土)

ブレイブストーリー

ゲド戦記とは打って代わって、単純明快でわかりやすい映画でした(笑)
宮部みゆき氏のファンタジーってこういう感じのが多いですよね。

あらすじは公式サイトに任せるとして、映像も演技も安心して見られる良いレベルになってました。一部、テカテカのCGが背景に溶け込んで見にくかったり残念な分部もありましたけど。
キャラクターデザインが「グランディア」の草彅琢仁氏なので、ファンも多いのではないでしょうか。

こちらは原作を読んでなかったんですが、ほんと、これってRPGのシナリオじゃないの?というくらい王道で定番な内容だったもんで、ある程度先が読めるため純粋に楽しむことができました。いろいろ難しいことを考えずにすみます(笑)
かと言って、つまらなかった訳ではありません。ちょっと子供向けかなとも思いますけど。

ワタルがヴィジョンに行くと決断したきっかけもヘビーでしたが、ミツルはもっとヘビーでした。
ラストは、甘いかなと思いつつ、よかったなと思いましたよ、やっぱり(つД`)
エンドロールは非常によかった。すごい余韻にひたれるし、あの演出はいいなぁ。

|

« ゲド戦記 | トップページ | 夏休み終わっちゃうヨ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/11501784

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブストーリー:

« ゲド戦記 | トップページ | 夏休み終わっちゃうヨ! »