« 春の北海道 | トップページ | シックス・センス »

2006年5月 2日 (火)

アタゴオル

アタゴオルアタゴオル ますむらひろし MF文庫
ますむらひろし氏は私と同郷(山形県米沢市)の作家さんで、地元の書店だとますむらひろしコーナーがあったりします。
登場人物が猫になっているアニメ・銀河鉄道の夜と言えばわかる人が多いかもしれません。

立って歩く猫たちと多少の人間の住むヨネザアド アタゴオル。そこを舞台としたファンタジー物語です。
山形県北部近辺の方ならピンと来たかもしれませんが、米沢市愛宕地区をもじっていますね(笑)
物語の内容としては、ファンタジーというよりシュールな感じがするんですが、なかなか面白いです。ダメな人も多そうですが(^^;

以前、朝日ソノラマやMOE出版から出ていた「アタゴオル物語」、「アタゴオル玉手箱」がメディアファクトリーから文庫化されたんでいつか買おうと思ってはいたんですが、とうとう買ってしまいました。
改めて読み直して、やっぱり氏の作品は面白いなと感じました。シュールですが(笑)

|

« 春の北海道 | トップページ | シックス・センス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/9866493

この記事へのトラックバック一覧です: アタゴオル:

« 春の北海道 | トップページ | シックス・センス »