« ソーサリアンオリジナル | トップページ | ヨコハマ買い出し紀行14 »

2006年5月24日 (水)

ソーサリアンクリア

タイトルとは関係ありませんが、他の種族の画像も。
So20060524左から、FIGHTER/FEMALE/ADLUT、WIZARD/MALE/YOUNG、ELF/FEMALE/ADLUT、DWARF/MALE/YOUNGです。(背景はソーサリアン・フォーエバーの新シナリオ・レベル2「真夜中に鐘は鳴る」)
キャラクター作成時に2色から選択でき、画像のWIZARDとDWARFは別色を選択しています。

さて、基本シナリオ15本の中である条件を満たすとキングドラゴンへ挑戦することができます。ドラゴンスレイヤーシリーズですからね(笑)
キングドラゴンを倒すとエンディングとなり、エンディングを見るとフォーエバーのシナリオ5本が追加されます。
この追加シナリオは初だったのでかなり楽しみにしてたんですが・・・難易度低すぎです(^^;
レベル5の「招かれざる来訪者」でも謎らしい謎もなく、あっさりと終わってしまいました。
内容を忘れていた「紅玉の謎」や「盗賊たちの塔」「呪われたクイーンマリー号」の方がよっぽど苦労したなぁ(笑)
特定の職業が必要だったり(ロマンシアと同じ)、わかりにくい分岐点があったり、工夫してる部分も見えるんですけどねぇ。
まー、これは不老不死キャラでレベルが高いからというのもあるかも。
ただ、トラップ解除できなくて進めないとか、ボスが強くて勝てないとかは、シナリオ内容とは別の難易度になるんで、個人的にはあんまり意味無いと思うんですよね。

こういうのを見てしまうと、全盛期のファルコムの得意分野だったシンプルながらも奥が深いという職人気質的な部分はもう無いのかなとか思ってしまう(´Д`;)

|

« ソーサリアンオリジナル | トップページ | ヨコハマ買い出し紀行14 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/10216057

この記事へのトラックバック一覧です: ソーサリアンクリア:

« ソーサリアンオリジナル | トップページ | ヨコハマ買い出し紀行14 »