« [RO]ホムンクルス | トップページ | カワイイもの好きな人々 »

2006年3月18日 (土)

アニマルズ・インク

アニマルズ・インク Kenneth A. Tucker, Vandana Allman, 小川敏子(翻訳)
アニマルズ・インク物語として読んでも面白いですが、一応マネジメント関係の書籍になります。
突然経営者が変わってしまった農場。しかも新しい経営者は農場で飼われていた動物達自身だったという、いきなりとんでもない始まり方をする本著。かなり興味をひく出だしですね(笑)
マネージャとなったブタ・ビッグブーは、農場経営を行うために膨大な書籍を読んで勉強します。その結果、最適と思われる対策を行いますが、うまく行きません。
カカシが卵を生もうと努力したり、従順な羊が営業したり、力自慢の馬が事務処理をしたり、だんだん農場の営みが狂ってきます。
このまま農場を立て直す事はできないのか・・?

面白かったです。
出張の移動時間に読もうかと思って持っていったんですが、面白くて止められずホテルで一気に読み終えてしまいました。

コミカルに描かれているものの、こういう事はマネジメントの現場ではとてもよく見られます。
専門書ではコムズカシク書かれている内容を、動物という「個性的な」メンバーを例にして、ちゃんとポイントを捕らえてわかりやすく描かれている本著は、新米マネージャにこそ薦めたい1冊ではないでしょうか。

|

« [RO]ホムンクルス | トップページ | カワイイもの好きな人々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/9148740

この記事へのトラックバック一覧です: アニマルズ・インク:

« [RO]ホムンクルス | トップページ | カワイイもの好きな人々 »