« 北海道より仙台が寒い | トップページ | ゲド&ブレイブ »

2006年2月20日 (月)

ボクを包む月の光 1

ボクを包む月の光 1―「ぼく地球」次世代編 (1) 日渡早紀
ボクを包む月の光 1ぼくの地球を守っての次世代編です。まさかボク球の続編が出てるなんて思ってもみませんでした(^^;
ボク球の1巻が出たのが1987年、なんと19年も経ってしまいました(驚)
やっぱり、昔からのファンの間では賛否両論ありますねぇ。なかなかムズカシイところ。

とりあえず1巻を読んでみましたが、なかなかどうしてどうして。
今回の主人公になるであろう、輪とありすの息子・蓮ですが、ああ2人の子供だなぁという性格でなんか顔が緩んでしまいました(笑)
当然ながら前世の話はひっぱりつつ、今回は輪達が持つ特殊な力に焦点が当てられてるようですね。
まー、いろいろ感想はありますが、年齢を重ねてはいるものの輪やありすが「らしさ」を残したままでいてくれるのが1ファンとして非常に嬉しい("▽"*)

ただ、結構忘れてる事も多くて、「これ誰だっけ・・・?」というのも少なくなかったですが(^^;
どっかでボク球も読み返してみなきゃ~。

|

« 北海道より仙台が寒い | トップページ | ゲド&ブレイブ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/8759765

この記事へのトラックバック一覧です: ボクを包む月の光 1:

« 北海道より仙台が寒い | トップページ | ゲド&ブレイブ »