« ヘッポコーズ | トップページ | 清浄化 »

2005年3月27日 (日)

神戸在住7

神戸在住 7 (7) 木村紺
神戸在住7今回は、前巻であったイラストレイター・日和さんの死とそれに向かう桂の話が中心です。なので、どうしても重い話になってます・・。
他、友人とか美術科の仲間とか弟とか、相変わらず桂の周りの話が普通に描かれています。これがこのコミックの良い所だと思ってます。

感想を書いては消し、消しては書きしてたんですが、どうもうまくまとめられません(^^;
友田さんは大人ですねぇ。
桂は感情を自分の中で押し殺す癖がありますね。たんぽぽの話でもそうでしたが、悲しみをうまく吐き出す事ができないのが読み手としても胸に支えるようで苦しいです。

大学祭とライブの話は良かったです。桂の周りの人達は個性があって優しくていいですね(笑)
3人娘も洋子ちゃんの留学で寂しくなりそうな感じです。
次巻あたりからちょっと様子が変わったりしそう・・かな?

|

« ヘッポコーズ | トップページ | 清浄化 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/3461464

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸在住7:

« ヘッポコーズ | トップページ | 清浄化 »