« フルーツ野獣 | トップページ | 痴漢男 »

2005年1月25日 (火)

サイバーテロ

いろいろ情報ありますが、無難なところでニュース記事から引用。

<サイバーテロ>ウイルス攻撃でネット監視役も被害 (毎日新聞)
デジタル著作物の権利を保護する社団法人「コンピュータソフトウェア著作権協会」(ACCS、東京都)が、大量のデータ送信を同時多発的に受ける“ウイルス攻撃”に遭い、Webサイトのアドレス変更を余儀なくされていたことが分かった。定期的にACCSを攻撃するよう命じるウイルスに感染したパソコンの所有者が多数いるとみられ、ACCSは攻撃者への警告などを検討している。ネット社会の監視役までが被害に遭ったことで、防御策を取りにくいサイバーテロの怖さが浮き彫りになった。
ファイル交換ソフト「Winny」(ウィニー)のネットワーク経由で広がるウイルスが原因とみられる。このウイルスは昨年3月に確認され、毎月1日と第1月曜日などにACCSに大量のデータを勝手に送信するよう仕組まれている。ウイルスは複数種あり、感染に気づいていない相当数のウィニー利用者が、自分でも知らない間に攻撃を繰り返しているという。

攻撃しているのはウィルス感染したPCだそうです。

これ、攻撃対象がACCSで、Winny経由で広がるウィルスってのがポイントじゃないんでしょうか。
Winnyによる著作権侵害の問題でWinny製作者が逮捕されたという件、快く思ってない人は多いんじゃない?
無関係とは思えませんけど。
あの逮捕劇だって警察が権力を振りかざして強行したって印象が強かったですし、処々での反応もすごかったですしね。一部かもしれませんけど、このところの警察の怠慢やら不祥事やらで信用失墜してますしね(冷笑)
こういう事件へ対処する時の警察の行動ってどうしても権力や武力にモノを言わせて制圧させるように見えて仕方ないんですが。
逮捕して脅せば解決するだろ、見せしめ出しとけば沈静化するだろ、とかいう思いが見え隠れしてるように感じません?
私が穿った見かたしすぎなのかなぁ。

今回はACCSが対象でしたけど、これが他の機関に向かないなんて誰が言えます?
攻撃者を突き止めてみればウィルス感染PC。あ~、ウィルス感染してました~、ウィルス対策ちゃんとしてませんでした~、でもボク被害者です、悪気はありませんでした~、なんて言われてどう対処するのか。
感染者の増加は止められるのか。
注意勧告や、強行としては法的手段に訴える事で、こういう問題は解決するのか。
ちゃんと考えてるのかなぁ?
手っ取り早く、ウィルス感染した人を片っ端から逮捕でもしますか(笑)

力任せだけじゃ解決しない事ってあると思いますよ。

|

« フルーツ野獣 | トップページ | 痴漢男 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/2689729

この記事へのトラックバック一覧です: サイバーテロ:

« フルーツ野獣 | トップページ | 痴漢男 »