« 仙台光のページェント | トップページ | 狭間で揺れる子供たち »

2004年12月15日 (水)

険悪化する北朝鮮との関係

険悪化というか、もともと良くはなかったですけどね。

「遺骨」問題で北朝鮮が反論、「政治的脚本の疑惑」と (読売新聞)
朝鮮中央通信によると、北朝鮮の外務省報道官は14日、拉致被害者の横田めぐみさんの「遺骨」として提供した骨が別人のものと鑑定されたことに関する談話を発表し、「事前に綿密に企てられた政治的脚本にもとづくものであるとの疑惑を抱かざるを得ない」と批判した。

この北朝鮮側の発表ってものすごい事ですよね。真っ向から日本は嘘つきだ!と言ってるようなもんですから。
こうなってしまうと、日本が経済制裁発動をするにしろしないにしろ良い方向には向かいようがなくなってしまいました・・。
経済制裁を発動しなければ日本は脅せば言う事を聞くと北朝鮮に認識されてしまいますし、経済制裁を発動してしまうと北朝鮮は宣戦布告と見なすと公言していますし・・究極の2択状態ですね。
北朝鮮は6か国協議への参加に対しても牽制するような発言をしているため、日本の経済制裁発動に対して中国は渋い顔していますし。(調査船問題などで中国ともあまり良い雰囲気じゃないというのもありますからね・・)

何ができるという訳ではないですけど、最悪戦争という危険があるだけに気になりますね。

|

« 仙台光のページェント | トップページ | 狭間で揺れる子供たち »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/2273124

この記事へのトラックバック一覧です: 険悪化する北朝鮮との関係:

« 仙台光のページェント | トップページ | 狭間で揺れる子供たち »