« 偽装工作 | トップページ | [TW]Lv.32 »

2004年12月 9日 (木)

ならず者国家

北朝鮮が提示した横田めぐみさんの遺骨が別人のものと判明したようですね。

<遺骨別人>「尊厳もてあそんだ」 怒りあらわに (毎日新聞)
「めぐみの尊厳をもてあそんだ」。北朝鮮から提供された「遺骨」が別人のものと判明した8日、横田めぐみさんの家族は「ほっとした」と話す一方で、怒りをあらわにした。拉致から27年。めぐみさんの無事を祈り続けてきた家族に、「遺骨」まで捏造(ねつぞう)した北朝鮮のむごい仕打ち。他の調査結果への疑問も、改めて膨れあがった。

大方の予想通りの結果だと思いますので別段驚きはしませんでしたが、北朝鮮側の嘘で固めた対応には呆れ返ります。拉致被害者関係者の怒りは計り知れないでしょう。
この事についてはたくさんの方がコメントされていますのでコメントは割愛。

この件で私が驚いたのが、DNA鑑定で別人と断定できたという事です。
当初は高温で焼かれていて鑑定は難しいと言われていましたし、北朝鮮側は鑑定不能でうやむやにしてしまおうという思惑があったと思うんですよ。
それが、遺骨は別人の物と断定でき、しかも二人分あるという事までわかった。日本の鑑定技術はすごいですねぇ。
鑑定技術についてのニュース記事もありました。

<遺骨別人>「へその緒」と「骨」で違い突き止め (毎日新聞)

専門機関だけあってさすがという感じですね。
ただ、こういう技術情報を公にしちゃって大丈夫なんでしょうか。こういう情報から、鑑定しにくいように偽装されたりしないんですかね。
この程度の情報じゃまったく問題はないのかな。

|

« 偽装工作 | トップページ | [TW]Lv.32 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/2212549

この記事へのトラックバック一覧です: ならず者国家:

« 偽装工作 | トップページ | [TW]Lv.32 »