« ネコミミモード | トップページ | 最近よくわからない事 »

2004年11月28日 (日)

うちの

うちの子に日々大爆SHOW 1 (1)バンブー・コミックス 胡桃ちの
表紙を見た時に、大阪愛のたたき売り 育児編の別冊かと思ったんですが、まんがくらぶの読者投稿ネタを4コマ化した別物でした。
これはこれで面白かったのでよし(笑)
いや~、やっぱ子供ネタは面白いですねぇ。オススメです。

うちの大家族 1 (1)アクションコミックス 重野なおき
なぜ大家族というと貧乏が定番なんだろう。まー、裕福だとネタにはならないのかもしれませんが(笑)
この作者さんはひまじんの時から面白いなと思ってて、これと次ののの美捜査中!も面白かったんで今の所ハズレ無しですね。
長女・愛子と長男・音也が登場シーンも多くて印象に残りますけど、特別変な性格という訳ではないんですよね(^^;
ホノボノしつつも、意外と凶悪なネタもあったりと、どちらにも安心(何が)

のの美捜査中! ジェッツコミックス 重野なおき
こちらも同じく重野なおき氏のコミックス。ただ、刑事物という事で、メガネ少年や有名探偵の孫とかを思い起こさせる構成もあったりするのがちょっと残念。まー、それに終始してないのが救いですが。
見た目が幼い成人ネタは定番っぽいですねぇ。面白いですが(笑)
こちらは1巻で完結してしまったんで残念。もうちょい続けてもマンネリにはならなそうな雰囲気だったんですが。

悪の生徒会長 1 (1)バンブー・コミックス 小笠原朋子
私はこの作者さん大好きです(笑)
どの作品読んでも似たり寄ったりな気がするのは気のせいです。きっと(ぉぃ)
パターン的にはさくらハイツ102と逆パターンですが、邪魔者がいないのがいいです。さくらハイツは2巻になって邪魔者が出てきてからイマイチなんですよね・・。
このままスンナリうまくいくと終わってしまいそうなのですが(笑)、2巻以降も楽しみです。あんまり変な方向にいかないといいんですが(^^;

山の上歌劇団 まんがタイムコミックス 小笠原朋子
山の上歌劇団こちらも小笠原朋子氏のコミック。1巻読みきりですね。
全体を通すと、思い込みの激しい主人公が高校生活を楽しみという話なんですが(間違ってはいない(笑))、他の作品を読んでるとかなりおとなしめですね。
ただ、巻末に主要キャラ5人のその後があったのがかなり嬉しい。しかも(個人的に)みんな良い感じになってくれてるのがまた。
やるな小笠原朋子!(笑)

この作者さんの作品の良いところは、主人公(女の子限定(笑))がみんな明るくて前向きなところだと思う。方向性が違えどうじうじせずにスパッと自分の信じる道を進んでるのが気持ち良く感じるんだと思う。
でも、こういうマンガは女性は嫌いかもしれない(^^;

|

« ネコミミモード | トップページ | 最近よくわからない事 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17254/2094175

この記事へのトラックバック一覧です: うちの:

« ネコミミモード | トップページ | 最近よくわからない事 »